道の駅ほっとぱ〜く・浅科@長野11【芝生であそぼ】

83

佐久市には道の駅が2つあります。
1つは前回書いた長野30番目の新しい道の駅ヘルシーテラス佐久南
もう1つは、そこから5分程の距離にある道の駅ほっとぱ〜く・浅科です。
こちらは11番目の道の駅で、なんと開駅から22年という先輩道の駅。
いざ、おてなみ拝見!

芝生&ハンモック『ふれあい広場』

道の駅ほっとぱ〜く浅科

すぐ到着。
こちらは昔ながらの道の駅という感じでこぢんまりしており、駐車場もヘルシーテラス佐久南の半分ほどです。
でも都会→田舎の旅なら観光地感はこっちの方が強いかも。
佐久ガイドを見ると近隣にはお寺が多く、八幡宿や塩名田宿など昔は宿場町であったことがうかがえます。

道の駅ほっとぱ〜く浅科

塩名田宿(しおなだしゅく)とは、中山道六十九次のうち江戸から数えて23番目の宿場。
八幡宿(やわたしゅく)とは、中山道六十九次のうち江戸から数えて24番目の宿場。
東京からこんなに遠いのにまだ23.24番目なんですね。
中山道は日本橋から京都の三条大橋までを結ぶ主要街道2路のうちの山地側の1路だそうです。
そんな道なのできっと宿場町として栄えていた地域なのでしょうが、現代の景色はのどかな大自然。

道の駅ほっとぱ〜く浅科
2020年秋

遠くに見える山は、おそらく浅間山。
こちらは曇の隙間から差し込むお日様でポカポカ☀️でしたが、奥の方には山頂に雪が積もっているのが見えます。

道の駅ほっとぱ〜く浅科

そんなお日様によく似合うのはやっぱり芝生🌱🌱🌱
浅科のど真ん中にはふれあい広場という芝生があり、建物はその周りを囲む様に半円状に数棟あります。
自信のメニューが揃ったあさしな亭。

道の駅ほっとぱ〜く浅科

芝生×オープンテラス×お日様=癒し
ワンちゃん連れで食事ができるらしい。

道の駅ほっとぱ〜く浅科

(大人なので)芝生でゴロゴロ🙂🙃🙂🙃したい気持ちを抑えてグッと我慢していると、なにやら視線を感じる。
振りればそこには…ハッ、ハンモック‼️

道の駅ほっとぱ〜く浅科

ご自由にどうぞなハンモックがあり、その中から小さな女の子がこちらを見つめている。
ハンモックって興味はあるけどなんか怖くて乗れないんですよね〜。
もし乗って破れちゃったらどうしようとか不安…😅
だって小さな子供が乗っても結構地面スレスレですよ?
「😒(ハンモックの布も支柱も全く信用できない)」
ハンモック「💦(棗さんを支えられる自身がない)」

結局、女の子の遊んでくれないの👀?という熱い視線には気づかないふりをして逃げる様に物産館へ…

布教活動『ハヤトウリを広める』

道の駅ほっとぱ〜く浅科

実は2020年の道の駅巡りでは、これまで食べたことがない野菜を買う機会が多く、その中の一つでハヤトウリがありました。
たしか群馬から山梨で見つけてお店の方に調理法を聞き家で食べたらめちゃくちゃ美味しかった(好みの食感だった)ので、それ以来見かけると購入していました。

道の駅ほっとぱ〜く浅科

そんなハヤトウリがこちら物産館の入り口すぐで売っていたので、
「あっ!ハヤトウリだッ❤️」
と思わず喜びの声をあげたところ、近くにいた旅行者のおばさま2人組に声をかけられました。
🧑🏻「ねぇ…これってどうやって食べるの?」
👩🏻‍🦱「美味しいの?」
「漬け物やサラダ、炒め物、煮物なんでもいいみたいですけど、私はベーコンと炒めて少し醤油やポン酢かけて食べるのが好きです☺️」
なぜか店員の様に解説。

🧑🏻「ねぇ、皮は剥くの?種は?」
割と片方のおばさまがグイグイくる。。。
「皮は剥かず種は基本ないかあっても小さいし包丁🔪がすっと入るのでそのまま切って調理できますよ😉」
まるで地元の主婦のように説明。

長野土産
ハヤトウリ150円

3〜4個入って150円前後で売られており、ある程度日持ちもするしゴーヤに近い感じの使い勝手の良さがよい。
もちろん今回も買いましたが…
この後売り場ですれ違ったおばさま🧑🏻の手にもしっかりとハヤトウリが握られていたのを見逃さなかった
全く自分の地元でもなんでもない場所で、縁もゆかりもない野菜ハヤトウリを地味に一袋売ってきましたよ。🤣
「😙(まいどありー)」

長野土産
緑の牧場学園(じゃがいも)50円

もう一つ、こちらではじゃがいもを買いました。
小さなじゃがいもがゴロゴロたくさん入っていてこのまま茹でて皮だけむいて食べました。
なんと、4ヶ月以上も後に(芽らしき変色したところは取り除いて)食べたのですが、甘くてじゃがいもの味が濃くてめちゃくちゃ美味しかったです❣️
緑の牧場学園というグループホームで作られたみたいです。

分析『お得な信州土産』

道の駅ほっとぱ〜く浅科

その他、地元の方が作ったカゴバックやりんごバター、りんごジャム、りんごチップス…りんご商品が沢山ありました。
さすが信州長野🔔🍎🍎🍎🍎🍎

道の駅ほっとぱ〜く浅科

個人的な感想ですが、お土産菓子は長野と山梨と群馬が相場が安くて美味しいものが多い印象なんです。

道の駅ほっとぱ〜く浅科

食べ出のある大きめのお菓子が10個以上入って、長野・山梨・群馬では500円台が多い気がします。
(他県の観光地は800円前後が多い)
しかもこの3件は桃・りんご・ぶどう・さくらんぼ等が名産でお菓子も美味しい😍

道の駅ほっとぱ〜く浅科

お菓子以外の特徴は、お米が並んでいることが多い。
しかもこの道の駅がある佐久市は五郎兵衛米というお米が名産みたいです。
入口の佐久ガイドにも五郎兵衛米という表記があちこちにありました。
限られた場所で作られる甘味と粘り気の多い“幻の米”なんですって!
私は最近主食が100%玄米なので白米は外食の時くらいですが、ちょっと興味あります。😋

道の駅ほっとぱ〜く・浅科の詳細

道の駅スタンプほっとぱ〜く浅科

22周年特別記念きっぷをいただけました❣️
どちらも裏面は五郎兵衛米について書かれています。
ここまでいうんだから、美味しいに違いない!🍚😋

長野県佐久市甲2177番地1
0267-58-0581
営業時間:9:00〜18:00(11〜3月は17:00迄)
レストラン:11:00〜14:30、17:30〜20:00(L.O:19時)
駐車場:大型7台 普通50台 身障者用2台

【近くの道の駅】
ヘルシーテラス佐久南 4.2km
みまき 13.2km
マルメロの駅ながと 18.5km

あさしな亭公式サイト

ほっとぱ〜く・浅科、結構なおてまえでした★

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


なつめいちご
  • なつめいちご
  • 姓は棗(なつめ)名は一期(いちご)。
    七つの目(①視覚②聴覚③嗅覚④味覚⑤触覚⑥感覚⑦閃き)で、
    一期一会を楽しみながら、旅を楽しんでいます。
    なんでもない日常や失敗もすべてネタと思いがち。
    人生楽しんだもん勝ち!