なめこセンター@群馬県沼田市【振舞いなめこ味噌汁】

1873

残暑とはいえまだ暑い群馬旅の二日目。
湯檜曽温泉をでても自然な風景は続き、途中でたまたま見つけた「なめこセンター」のおてなみ拝見!

しばし続く、田舎の癒し風景

湯檜曽温泉出発後も続く山道では、道端の水車や謎のお花が癒し効果を上げてきます。

ずらり並ぶ赤ポスト達。
こんなに沢山あると、どのポストに入れたらいいか迷っちゃいそう。😆

茶屋

ほわわ〜んとした群馬県沼田市の建物と空気を楽しんでいると、ナビにキニナル文字が浮上❗️
旅先で鼻が効く棗さん。
今回も第六感が冴えまくり、ピピーンときました。

なめこセンター、み〜つけた!

なめこセンターの看板には「なめこ汁サービス」の文字!

なめこセンター

そして大きな天狗の看板。
そうそう、この辺り沼田市は天狗祭とかとにかく天狗が祀られているんですよね。
ちなみに、この近くにある老神温泉の伊東園ホテル山楽荘に泊まった時にも近くに大きな顔の天狗様が祀られてました。

なめこセンター

そして、空いてる建物の入り口では鮎ややまめの塩焼が売ってます。

なめこセンター
山方面の旅はこれがいいよね!川魚の塩焼。

でも今回はパスして即中へ。

なめこセンター
なぜか入り口すぐはスキー用品などのレンタルや売店。

ちなみに近くにスキー場があるらしく、レンタル&休憩所としても利用される施設のようです。

広告

サービスなめこ汁を探せ!

スキー用品の反対側、奥に入るとすぐに飛び込んできた沢山のキノコ達。

なめこセンター
賑わう店内

何やらいろんな賞を受賞してるエリートキノコ達みたい。
とにかく見た目が大きい!

どれも素敵で迷ってしまうのですが、そんな時は、いったん温かいものでも飲んで心を落ち着けるべし。

🍓「じーーー見つけた。👀」
じっと見つめるその視界の先には…

なめこセンター
大鍋で煮られてるキノコ汁。

すると、物欲しそうな顔で見ている棗さんを見兼ねたナメコ店員さんが素早くサービスなめこ汁をよそってくれました。☺️

なめこセンター

快く(?)試食をいただきまぁ〜す★

なめこセンター

ちょうどお昼時で何かお腹に入れたかったので、ありがたい❣️
そして試食のなめこ汁を飲んで、お土産も決まりました!

なめこセンター
じゃじゃ〜ん!パンパンのビニール袋の中には…

パンパンのビニールの中のお土産きのこは果たして、なめこか?まいたけか?エリンギか?

ドデカ野菜達

結局、きのこは全部入り+α(ナスきゅうり)あれもこれも、なかなか一つに選べない欲張り棗さんの賢い選択。
もちろん、家に帰ってからすぐ大好きな八丁味噌のなめこ汁を作りました。

ぬめりが違う!これぞ本物のNAMEKO!( ˊ̱˂˃ˋ̱ )

なめこは大きいし、ぬめりも強い。きのこセンターよい峠の寄り道ができました。

なめこセンターの詳細

【営業時間】平日8:00~ 土日祝日7:00~
【定休日】なし
【住所】沼田市上発知町1804-1
【TEL】0278-23-9663
中には食堂もあるので、冬はスキーの休憩所としても使えそうなめこ汁で暖まろう!
なめこセンター 食べログ

なめこセンター、結構なお手前でした★

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


なつめいちご
  • なつめいちご
  • 姓は棗(なつめ)名は一期(いちご)。
    ななつの目研ぎ澄ませ(①視覚②聴覚③嗅覚④味覚⑤触覚⑥感覚⑦閃き)で、
    一期一会を楽しみながら、旅を楽しんでいます。
    なんでもない日常や失敗もすべてネタと思いがち。
    人生楽しんだもん勝ち!

広告