道の駅デンパーク@愛知【日本のデンマーク】

90

大須観音と熱田神宮を堪能した後は…いよいよ道の駅巡りの始まりです!思い返せば一年前。神奈川県の道の駅巡りしていたのに気付いたら静岡に入ってしまい立ち寄った道の駅おやまで買う気のなかった中部版スタンプラリーを手に入れてしまったのがきっかけでした。
しかし中部…静岡の伊豆半島は元々よく行ってたので巡りやすかったのですが…その先となるとなかなか一泊では追いつかないんです。(私の場合、温泉と御朱印とSAやドライブインのご飯という寄り道が多すぎる。今回は久しぶりの二泊なので、この機会に中部地方を周れるだけ周りたいところです!
道の駅スタンプラリーめぐり愛知県、最初の駅は道の駅デンパーク。いざ、おてなみ拝見!

ここはデンマーク?いいえデンパークです!

入り口の門は、ブレーメンの音楽隊チックな?ステンドグラス風な?デンマーク的な?

おぅおぅ、デンマークと公園(パーク)をかけてデンパークかい、ダジャレかーい!そしてパークの前はのどかな田園風景。もしやこっちのほう?
(デン)”パークってか?

辺り一帯に広がるのどかな田園風景。
駐車場から見える風車が雰囲気出してきます。

ポストも洋風。

珍しい形のポスト

と。心の中でツッコミながら回ってましたが、なんと…本当にデンマークと関係があったんです!

デンマークと安城の友好の証。

日本のデンマーク。ちなみに正式名称は【安城産業文化公園 デンパーク】です。
これはテンション上がる!ちょうどお昼時だし、ご飯ご飯とご機嫌な棗さん。

左上の①が道の駅。駐車場の大きさに比べると…小さい。

でしたが…なんと無料で入れるのは物産展のみ。道の駅のすぐに近くにデンパークの入り口(入園600円)がありますが…なんと、レストランなど飲食施設は全てパーク内。悩みましたが、この日めちゃくちゃ暑くてとても公園を歩く気にはなれなかったしここで時間を使うべきではないと判断し、とりあえず物産店のみ楽しむことにしました。

小さな直売所には何があるかな?

直売所は安定のJA感

先ほどのデンパークの洋風感とは打って変わって日本のJA共済感。満載。

安定のいつもの道の駅直売所の雰囲気。

それもそのはず、こちら正式名称【JA産直センター 道の駅デンパーク安城】なんです。

こちらも定番。生産者さん達の写真。

売ってるものも、名古屋名物ういろう。

その昔初めて名古屋に行った時は買いました。

「辛い」と赤字でて書かれた唐辛子。

生産者が言うなら間違い無く辛いのでしょう。

いちじく ¥450

ラス1!珍しいのでお土産に買って帰りました。

この辺りの名産らしい。いちじくバウム ¥80もあったのでこちらもお土産に買いました。ほんのり甘くて美味しかったです。
十六ささげ ¥80

普通の4倍の長さのインゲンって感じです。

形はインゲンに似てますが…味もそのままインゲンによく似てました。由来は…なんか色々あって面倒なので省略しますが、普通のインゲンより長くてたくさん食べれてお得感満載です!
高原そだち ¥250

これこれ、これを買わなきゃ私の旅は始まらない!

恒例のご当地卵。まずは好きな赤玉を押さえておきます。
手作りしそのお漬物。

手作り感満載!美味しそう。

あえてのジッ●ロックがいいよね。
そして、里芋の様な伸びすぎたタケノコの様な…謎のダツ芋。これ、どこ食べるの?固そうです。

実は各地でいろんな種類の見た事ない芋が気にはなってるものの、まだ挑戦した事がありません。

さすが、愛知まで来ると見たことないお野菜たくさんで愉快だなぁ。最近お米も少し気になっています。
毎日食べたい、マイタウンのお米。

ご当地米まで手を出したら高くつきそう

デンパーク安城。見たことないものばかりで楽しいんだけど、とりあえず…
クセが強い。

なんの花でしょうか?クセが強い!

しかしうって変わって、道の駅記念きっぷは、優しく思いきり和の雰囲気あふれる内容。

愛知の道の駅…なかなか手強い。一駅目からなかなか楽しませてもらいました。

デンパーク安城の詳細

道の駅デンパーク安城
愛知県安城市赤松町梶5
0566-92-7111
営業時間:9時〜17時
情報コーナー:9時〜20時

【近くの道の駅】
にしお岡ノ山 6km
筆柿の里・幸田 14km

デンパーク安城のお土産達。この後美味しくいただきました。

道の駅デンパーク安城、結構なお手前でした★


道の駅ランキング応援ポチっとお願いします

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


natsume-ichigo
  • natsume-ichigo
  • 姓は棗(なつめ)名は一期(いちご)。
    七つの目(①視覚②聴覚③嗅覚④味覚⑤触覚⑥感覚⑦閃き)で、
    一期一会を楽しみながら、旅を楽しんでいます。
    なんでもない日常や失敗もすべてネタと思いがち。
    人生楽しんだもん勝ち!