道の駅とみざわ@山梨【もしもしタケノコ】

24

さて…ブログではまだ書ききれていないのですが、実はこれが山梨制覇最後の駅です。
山梨と言っても52号線の県境でほぼ静岡。
無駄なく多く周るのであれば、静岡の道の駅巡りとセットにするのもありです。
(スタンプブックは関東版と中部版と2つに跨いで仕しまいますが…)
山梨県第一号の道の駅を記念すべき最後の駅に❗️
道の駅とみざわ…いざ、おてなみ拝見!

タケノコモニュメントの中身はな〜に?

駐車場から見える大きなタケノコが目印。
ソフトクリーム屋さんより大きいモニュメント…一体中には何があるのかしら?
とりあえず、タケノコと一緒にはい、ポーズ📸

道の駅とみざわ
タケノコ!タケノコ、にょっきっき〜

天高く伸びるタケノコポーズで記念撮影📸
ヨガの立ち木のポーズですが、足がちゃんとできてないのはご愛嬌😚
物産館よりもかなり高い縦長のモニュメントですが、展望台の様に上がれるのかしら?
恐る恐る裏側に回ってみると…
公衆電話⁉️

道の駅とみざわ
しもしも〜

携帯が当たり前の世の中で、生き残る公衆電話。
そしてこのタケノコの中身はベンチとこの緑電話しかありませんでした。
田舎では今も使われてるのかなぁ。
学生の頃、ポケベルを打ちに休憩時間でこの電話機に駆け込んだ思い出があります。😌

それにしても、なぜタケノコなのか?
実は富沢地区のタケノコはアクやエグみが少なく大変人気で毎年春にはタケノコ祭りが開催されているそうです。
例の如く今年はコロナ感染予防のため中止でしたが、タケノコはこの地域が誇る自慢の逸品なんですね。

シンプルな食事処&ショップ

道の駅とみざわ

中は特に飾り気もなく、質素な食事処とショップがあります。
オススメメニューはこちらで手打ちしているざるそば。
毎朝手打ちしてるんだって。
でも私は…食べるなら富士宮焼きそばだな〜😋
実はお店で食べた事がなく、私はいつも静岡県内のスーパーで麺と肉カスとだし粉買って家で作るのですが麺がもちもちでめちゃくちゃ美味しいのです。😋
そして、馬丼も美味しそう。
前日の夜に甲府の友四郎で食べた馬刺しも美味しかったな〜。
山梨と静岡、両県の美味しいご当地グルメ両どりですね。

食事処の営業時間
平日8:30〜17:30
日曜・祝日8:00〜17:00定休日年末年始・3月末の数日間
道の駅とみざわの公式のサイト

道の駅とみざわ

ショップは田舎の小さなパーキングエリアや休憩所の様な雰囲気でドライブ中のちょっとしたお菓子やお土産が売っています。
地物野菜は少なめ…かな?

道の駅とみざわ

噂のタケノコ(ゆで)です。

道の駅とみざわ

冒頭でも少し書きましたが、この辺り富沢のタケノコは道の駅ができる前から有名で毎年4月にはタケノコ祭りがあるんですって。
今年は中止でしたが、ここ道の駅とみざわでは朝採り数量限定のタケノコが買えるらしい。(写真のゆでタケノコとは別の生のヤツ)
当日なら予約もらできるらしい。

タケノコ予約詳細はこちらの公式サイトをご確認ください。

https://michinoeki-tomizawa.jp/info/244

その時は合言葉を忘れずに!

合言葉は「ホームページでタケノコ予約を見た」です❗️

棗

山方面は加工品が多く、特にお味噌が美味しそうなんですよね。

道の駅とみざわ
袋入りのお味噌って手作り感半端ないし美味しそう!

まだまだ、以前食べ比べで買いまくったお味噌が残っている為、今回はお見送り。
…と、特にお土産も買わずに山梨の道の駅巡りの幕は静かに降りたのでした。

道の駅とみざわの詳細

道の駅スタンプとみざわ

スタンプブックにもわざわざ「※タケノコモニュメントの中に電話があります」という謎のアピール。
しかし、これだけタケノコ推してるのに、まさかのスタンプにタケノコはありません。
そしてまさかの道の駅記念きっぷの裏面も…

道の駅記念きっぷとみざわ
記念きっぷ(表)

タケノコは載っていませんでした😅

道の駅記念きっぷとみざわ
記念きっぷ(裏)

山梨県南巨摩郡南部町福士28507番池1
0556-66-2260
営業時間:8:30〜18:00
レストラン:8:30〜17:00
※土日祝は8:00〜
駐車場:大型14台 普通54台 身障者用2台

【近くの道の駅】
なんぶ 8.6km
みのぶ富士川 23.2km

道の駅とみざわの公式サイト

どうせならこのままずっと残して数十年後には、あの歴史物「公衆電話」のある道の駅!って打ち出して欲しいですね。😊

道の駅とみざわ

道の駅とみざわ、結構なおてまえでした★

そして、祝・山梨県制覇!

山梨の各道の駅…たいそう結構なおてまえでした★

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


natsume-ichigo
  • natsume-ichigo
  • 姓は棗(なつめ)名は一期(いちご)。
    七つの目(①視覚②聴覚③嗅覚④味覚⑤触覚⑥感覚⑦閃き)で、
    一期一会を楽しみながら、旅を楽しんでいます。
    なんでもない日常や失敗もすべてネタと思いがち。
    人生楽しんだもん勝ち!