横浜山手西洋館@神奈川【ロゲットカードNo.22】

125

旅先の偶然に身を任せつつのんびり収集ながらも、何気に数枚溜まってきたLOGetカード(ロゲットカード)
公式サイトのMAPを見ていたら横浜地域に沢山ある😳
そして同じく最近集めだしたマンホールカードも京浜東北線・根岸線沿いにある‼️
…という事である日の土曜、ロゲット&マンホールカード収集のプチ旅に出ました。
そして状況次第でいつものあのビジネスホテルに宿泊…🤔
そんな盛り沢山の旅のスタートを切るのは、晴れた午前中におすすめの観光地。
横浜山手西洋館のおてなみ拝見!

坂道の多い横浜、石川町で降りる。

今回は根岸線石川町駅で降り中華街と反対側は初の探検です👣
しかし、駅前商店街的な場所を過ぎてまず思ったこと…横浜は坂道が多い❗️😫

横浜外交官の家

細い急斜面。
ロゲットカードがもらえる外交官の家はこの坂道を登り切った上。
蝉のミーンミン音が余計に暑さを掻き立てる。
運動不足の体に喝を入れ頑張って登りながらふと思う。
この階段両脇には普通に家が並んでいます。
…と、いうことは?🤔
住んでる方は毎日上り降りをしているって事⁉️😳
上の方なら車で行けるからいいけど、中間に住んでる人はめちゃくちゃ大変です。
横浜の人の体力に…おみそれ〜😚
登りきるとすぐ近く、工事中等でわかりにくかったけど入口を発見。
外交官の家

横浜外交官の家

今のところ異国情緒は一切感じない。

横浜山手西洋館とは?

ところで、今回のロゲットカードの名称は横浜山手西洋館ですが、私のナビはこれでは目的地がヒットしませんでした。
というのも横浜山手西洋館というひとつの建物の名前ではなく、この辺りにある7つの歴史的建造物の総称なのです。
そして、その中のひとつロゲットカードになっている綺麗な建物、外交官の家は重要文化財
全部周ると半日ほどかかるらしいので、今回はカードが貰える外交官の家とその隣にあるブラフ18番館に行きました。
7つの西洋館の情報はこちらの公式サイトに載っているので興味がある方はご覧ください♪

細道を抜けた先にやっと出てきました、異国情緒😙

横浜外交官の家

お庭の木の下、芝生と木陰に白いテーブル&椅子。
これだけで空気が違う。
その横に入口があります。

外交官の家に隠れた和

横浜外交官の家

こちらは入口専用。
中に入るとちょっとした売店と、左手にカフェ。
土足玄関なので靴を脱いで中を見学。(入場無料
先程の庭から見えた可愛い家が外交官の家です。
中は残念ながら撮影禁止ですが、2階まで上がれます。
映画の世界の様な少し昔の海外の建物という雰囲気で、お手伝いさんがいないとお掃除も大変そうな広いお家です。
階段の踊り場にある窓とか、素朴だけどなんか良い味出してました。
そんな窓から下を眺めていて気づいたのですが…中は全部洋風なのに、外の市場には瓦屋根がある‼️😳

横浜外交官の家

こういうの、すっごい気になる〜🧐
日本大好きな外国人さんが忍者屋敷!瓦ー!と言って無理矢理入れか、補強のため後から瓦にしたのか…?
なんて勝手な妄想が膨らみます。
だってなんでここまで洋館なのに一部だけ瓦なの?気になりますよね〜。
見学後にスタッフさんに聞いたら、この建物自体もともとは別の場所にあり移築したものだけど、瓦も使用されており完全再現とのこと。
いつものごとく、ブログ書きながら後から調べおさらい📝

外交官の家、簡単まとめ

・重要文化財
・明治政府の外交官内田定槌氏の邸宅
・明治43年に東京渋谷の南平台に建てられた
・設計者はアメリカ人で立教学校の教師
(その後後建築家として活躍したJ.M.ガーディナー)
・木造2階建て華やかな装飾が特徴のアメリカン・ヴィクトリアンの影響を色濃く残している
・部屋の家具や装飾はアール・ヌーボー風

日本の方が住んでいたんですね。😅
しかし、明治時代からこんなお洒落な広い家に住んでいたなんて…外交官ってお洒落〜。
そしてロゲットカードを貰うため1000円異常のお買い物をする。
予定ではカフェで朝食〜と思っていたのですが、なんとカフェは対象外なのでご注意を‼️

ロゲットカードは売店のみ対象!

ブラフガーデンカフェのテラスで記念の写真📸

横浜外交官の家

ロゲットカードの配布条件が1000円以上のお買い物で、売店でのお買い物のみ対象
じっくり吟味しこれに決めました♪
ローズティー、ローズキャンディ、ローズジャム🌹

横浜外交官の家

自然に囲まれゆったりしたこの青空のテラスとガーデンから、遠くの方にランドマークタワーや横浜のビルが並ぶ景色の差がなんとも言えない爽快感。

横浜外交官の家

ロゲットカードの写真と同じ様に下から撮影📸
この日とても暑くて頭がボーっとしていたため、アングルが逆なのに気づくことすらなかった棗さん。
最初の長い階段やテラスからの景色からも伝わるかと思いますが、高台で直射日光ガンガン☀️🥵
真夏は日傘や帽子必須で!
春〜初夏、秋ごろの見学がおすすめかもしれません。😅

横浜外交官の家

外交官の家の下、テラスから見える大きな庭園がとても綺麗なので降りてみました。

綺麗で可愛い西洋風庭園

横浜外交官の家

建物や装飾もですが、とにかく作りがお洒落❣️
中央にはお水が流れてその周りに咲いてる花も赤やピンクで華やかです。

横浜外交官の家

太陽サンサンの青空と芝生って…めちゃくちゃ気持ちがよくて爽快な気分になりますね😆

横浜外交官の家

庭師さんが暑い中一生懸命手入れをしていました。
そのおかげでこの綺麗な情景が保たれているのですね。
ご苦労様です👮🏻
熱中症に気をつけてくださいね★

横浜外交官の家

よく見ると周りには小さなお子さん連れの家族や、老夫婦を見かけます。
休日にこういう素敵な風景をのんび〜り一緒に過ごす家族って、なんかいいですね。
見ていて微笑ましくて暖かい気持ちになりました。(体感温度は暑過ぎで辛い🤣)

横浜外交官の家

庭園から一段下がった敷地に向かうと…
オペラの野外公演でもするのか?とい雰囲気のお洒落な広場。

横浜ブラフ18番館

私は建築については全く知識もありませんが、建物や階段ひとつが全て計算された造りだな〜と感じました。
こここら見上げた時の青空と左端にチラッと見える外交官の家も良き😊
上ばかり見ていると絡んじゃう…しっかり足元も見なきゃ❗️と見下ろせば、そこにはミニチュア西洋館達
なにこれ〜めちゃくちゃ可愛い😍(ミニチュア大好き)

横浜ブラフ18番館

どうやら、各建物リアルな感覚(立ち位置)っぽい。
端から端まで見るのはやはり結構時間がかかりそう。
この敷地にあるもう一つのブラフ18番館を見たら次の目的地に向かうことにします。

横浜ブラフ18番館

なぜか涼しい、ブラフ18番館

外交官の家の隣の敷地、一段低い場所にある建物です。
こちらも無料で見学できますが、何故か2階はコロナ感染防止のため入れなくなっていました。
同じく写真撮影はNGなので、目に焼き付ける👀

横浜ブラフ18番館
ブラフ18番館、簡単まとめ

・横浜市認定歴史的建造物
・関東大震災後に山手町45番地に建築
・オーストラリアの貿易商バウデン氏の住宅
・煙突は4つの暖炉を1つにまとめた合理的な造り
・戦後カトリック山手教会の司祭館として利用
・外壁は震災の経験を生かし防災を考慮したモルタル吹き付け仕上げ

外観からとっても爽やかな白い建物ですが、実は中に入ったら驚くほど涼しくてびっくりしました。
窓からの風通しがとても良くてその風もひんやり涼しい。
建物の半分が木陰になっているので、そちらからの風が冷たかったのかも?
外壁がモルタルというのも関係あったのかな?🤔

横浜ブラフ18番館

売店やギャラリーの入口はこちらの木陰にあります。
建物横の階段を降りると来た道とは反対側の駅方面に向かう下り坂道に繋がります。

横浜ブラフ18番館

周辺にある建物も可愛いパステルカラーで、この付近はお洒落な家が多い。
石川町駅から近いのに景色が全く違う不思議な地域でした。

外交官の家&ブラフ18番館の詳細

外交官の家
明治43(1910)年築(重要文化財(旧内田家住宅))
横浜市中区山手町16
045-662-8819
開館時間:9:30~17:00
休館日:第4水曜日(休日の場合は翌日)年末年始

ブラフ18番館
大正末期~昭和初期築(横浜市認定歴史的建造物)
横浜市中区山手町16
045-662-6318
開館時間:9:30~17:00
休館日:第2水曜日(休日の場合は翌日)年末年始

ロゲットカード横浜山手西洋館

これまで山手の辺りは全く興味がなく寧ろ苦手意識があった地域なのですが…ロゲットカードをゲットしに実際行ってみたらとても素敵な所でした。😚
今度行く機会があれば、次は時間をたっぷりとって他の建物も見てみたいと思いました。

外交官の家&ブラフ18番館、結構なおてまえでした★

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


なつめいちご
  • なつめいちご
  • 姓は棗(なつめ)名は一期(いちご)。
    七つの目(①視覚②聴覚③嗅覚④味覚⑤触覚⑥感覚⑦閃き)で、
    一期一会を楽しみながら、旅を楽しんでいます。
    なんでもない日常や失敗もすべてネタと思いがち。
    人生楽しんだもん勝ち!