旧古河庭園@東京【2022年秋バラフェスティバル】

146

飛鳥山公園に行ったものの、季節は桜🌸でも紅葉🍁の頃でもないため少し物足りない気持ち。
ということでやってきたのは、牛の蔵元うえはらのすぐ近くにある、旧古河庭園
そこは洋館に溢れる色とりどりの世界✨
いざ、古河庭園の秋バラ🌹のおてなみ拝見!

お得に入園(園結び)

王子駅方面から東京都道455号本郷赤羽線を自転車で走ってきましたが、実は地下では同じ道沿いに南北線が走っており、最寄駅の西ヶ原駅からなら徒歩7分。
この日は休日&秋のバラフェスティバル期間で人は多めでした。

車道から見える門はお金持ちのお屋敷風で、人の出入りは多い。

旧古河庭園

入園料は大人150円、65歳以上は70円ととリーズナブル。
さらに小学生&都内在住か在学の中学生は無料⁉️
普段植物を見に行く事がないので比較しようがないのですが、こんなに安いものなのでしょうか。

旧古河庭園

しかし、今回私は400円支払います。
なぜならば、「園結び」という旧古河庭六義の共通チケットを買ったのです❣️
六義園の入場料が300円なので値段的には50円だけのお得ですが、両園は徒歩でも20分以内なので併せてお散歩できてお勧めです。

旧古河庭園園結び

券売機は最新でQRコード決済も可能。
上下にそれぞれの園の切り離しチケットがついてます。
券売機は2つのみで入口付は暗め&狭めですが、クンクン何か匂う。🤫
中へ進むとそこには…

バラの園への誘い(バラ園①)

中に進むごとに徐々にバラの香りが強くなる。🌹💕
そして道の脇にずらりと並ぶ薔薇の苗木は、レッドカーペットの様に一直線、この先の道へと誘ってくれます。
しかし、バラ園と言うには少し殺風景です💦
こちらは、これからor初夏のバラが多いのでしょうか?

旧古河庭園秋バラ

花がぽつりぽつりといくつか咲いている感じですが、よく見ると一列ずつ全部違う薔薇🌹
ここだけでもすでに結構な種類の薔薇達です。

旧古河庭園秋バラ

札に名前や詳細説明がありますが、薔薇の名前ってなんだかフランス貴族みたいでかっこいいですよね。
シャルル・ドゥ・ゴール✨😤

バラの周りにはずっと行列ができていましたが、本気のカメラ📸以外の方(私を含めスマホ撮影者)はパシャパシャ撮って流れが早いので、割とスムーズに一通り見る事ができました。

ちなみに私は薔薇の看板よりも、こっちが気になる。
お土産や飲食の看板😋

旧古河庭園秋バラ

またこの辺りが園内案内の集合場所になっています。
気になったものの、ガッツリ60分近く案内してくれるみたいなので今回は時間の関係でパスしました💦

広告

大谷美術館(洋館)

中に入って少し進むとバラ園の入口があります。
(ここからが本気のバラ園🌹)
そして、その手前にある洋館も素敵❣️

旧古河庭園

こちらは大谷美術館といい、別途入館料400円がかかります。
なんと、ホテルニューオータニの創業者が計画するも、実現を見ずして世を去った事業だそう。

館内の見学も、優雅なティータイムも特にバラフェスティバルの時は大人気すぎて入場制限をしてました。

旧古河庭園秋バラ

ちょうどこの洋館の中でお茶をしながら、バラ園を見下ろせる造りなんですね。😊

旧古河庭園

優雅な風景に溶け込むと気持ちにも余裕が出てきます。

秋バラは美しい(バラ園②)

薔薇といえば、道の駅みのぶ富士川観光センター横浜山手西洋館などで偶然バラ園を見ましたが、初夏のイメージでした。
今回初めて秋バラの存在を知ったのですが、気温の差で色がより濃かったり鑑賞期間が長かったり、バラ好きな方々にとっては鑑賞は外せない時期らしい📝

園内を歩いていても周りから聞こえてくる声は、バラ玄人🌹のようなレベルの高い会話ばかり。😳

旧古河庭園

でも、意味はわからなくても綺麗な物を見て綺麗❣️😊と思うだけで心は弾む⤴️

庭園の創りも本当に素敵で、薔薇の噴水みたい⛲️🌹

旧古河庭園秋バラ

かなりの枚数を撮ったのですが、ブログに素人写真を載せても需要がなさそうなのでバラの写真は抜粋😂

ちなみに私はこの二色タイプの薔薇が好き❣️
一本で二つも色が楽しめるなんてお得じゃないですか?(笑)
ちょうど混ざり合う部分の絶妙なグラデーション加減が好き。

旧古河庭園秋バラ

一色の黄色や白もパッと明るい雰囲気で素敵です。

旧古河庭園秋バラ

でも、やっぱり薔薇といえば赤かな❓

旧古河庭園秋バラ

名前がいちいち格好良い😍

旧古河庭園秋バラ

ところで、バラは草と木どちらかご存知でしょうか?
調べたところ、バラ科バラ属の常緑・落葉低木らしい。
なので、ほとんどが見下ろす感じですが、中には2メートル越えの薔薇もあります。
太陽に向かってグングン伸びる姿は、もはやひまわり🌻のよう❣️

旧古河庭園秋バラ

太陽の様に燃え盛る、情熱の薔薇🌹❤️‍🔥

薔薇は食べ物?(バラのアイス)

色んな色や形のバラを見て合い香りに包まれてお腹が空きました。
突然ですが、皆さんは🍎りんご(バラ科りんご属)や🍓苺(バラ科イチゴ属)もバラの仲間ってこと知っていましたか❓
じゃあ、バラも食べなきゃね❣️😋

と、いう事で芝生広場にあった売店へGO💨
この日は暑かったので、ひんや〜りバラのカップアイス250円❣️

旧古河庭園秋バラ

優しいバラの香りがしますが、中にちゃんとバラが入っているんですよ〜。
この花びらは、さっき見たあのバラかな?それともあのバラ❓
そんな想像をしながらペロリ😋
はい、今日も元気に「花より…」です。(笑)

広告

旧古河庭園の詳細

今回私はバラをみて満足して帰ってしまいましたが、実は旧古河庭園はさらにこの奥にも広がっており、日本庭園もあります。
また、心字池には滝や雪見灯籠があるらしく、初冬〜冬にかけてが素敵そうな予感…。

旧古河庭園マップ

同じ場所で一年に4回も違う景色を見れる日本の四季。
そして、自然の鮮やかな色を見ると色んな刺激を受けます。
今まで庭園散歩をしていなかったのが勿体なかったな〜💦
改めてそう感じた一日でした。
次は暖かい季節が楽しみですね😊

旧古河庭園
東京都北区西ケ原1丁目27
03-3910-0394
上中里駅、西ヶ原駅各駅から7分他
⚠️駐車場なし ※駐輪場はあります。
入園料:一般150円、65歳以上 70円
(小学生以下及び都内在住・在学の中学生は無料)
※年間パスポートあり
PASMOなど利用可
公式サイト

旧古河庭園の秋バラ、結構なおてまえでした★

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


なつめいちご
  • なつめいちご
  • 姓は棗(なつめ)名は一期(いちご)。
    ななつの目研ぎ澄ませ(①視覚②聴覚③嗅覚④味覚⑤触覚⑥感覚⑦閃き)で、
    一期一会を楽しみながら、旅を楽しんでいます。
    なんでもない日常や失敗もすべてネタと思いがち。
    人生楽しんだもん勝ち!

広告