海鮮問屋ふじ丸&おしゃれ横丁マンホール巡り@小田原

212

報徳二宮神社での初詣とマンホールカード小田原Dをゲットした後は、いよいよメインのご飯!
地元民Yりんが、今回私のために選んでくれたお店は海鮮。
昼からお刺身で呑んだっていいじゃない!
小田原のディープな裏道にある「海鮮問屋ふじ丸」と、まさかのマンホール蓋天国発見?!
いざ、おてなみ拝見。

広告

ディープな見所、おしゃれ横丁

駅前から伸びる賑やかな商店街錦通から入る小路。
見るからにディープな雰囲気な門構え。
しかし、この中のお店を選ぶとは流石Yりん、わかってるぅ〜!

小田原おしゃれ横丁

しかし、シャッター閉まってるし、細いし暗いしグルメともおしゃれとも程遠いこの道で本当に大丈夫なのかと心配になる中、さらに暗いワード発見!

北条氏政・氏照の墓所の「幸せの鈴」

北条氏政・氏照の墓所

こちら、墓所なのに「幸せの鈴」と呼ばれる謎の願掛けスポット。

墓所に置かれている2つの箱の中に鈴が入っていて、この鈴に願いをかけて持ち帰り、願いがかなったらこの場所に返しに来るという物ですが、現在幸せの鈴は近くの商店街で購入する。
なんでも、イタズラに箱の中の鈴を全て持ち帰る人がいたためとの事。

北条氏政・氏照の墓所

ちなみに、なぜ墓所なのに願いを叶えてくれるのかは謎!(笑)

こども遊園地の「メリーカップ」

奥へくねくね道を曲ながら歩いていくと、暗い路地裏に派手な色のコーヒーカップを発見!

小田原おしゃれ横丁

こちらは、2018年2月に撤去された、小田原城址公園内こども遊園地の回転遊具メリーカップ
1970年に登場したこのカップは、当時乗車1回80円と激安だったそうです。
しかし、安全性の問題などで撤去に至り、そのうちの一基をこちらの商店街で譲り受け塗り直し設置。

座って写真が撮れますが、残念ながら中にはお酒の缶や傘の忘れ物が…(苦笑)

おしゃれ横丁メリーカップ

コーヒーカップに乗っておしゃれ横丁を徘徊どんぶらこ、すると派手なアレを発見!

道標「デザインマンホール蓋」

ふと足元を見ると、所々にデザインマンホール蓋がありました!
種類も多くマンホールカードになっていないもの。

小田原市デザインカラーマンホール蓋

可愛いキャラクター系ですが、よく見ると矢印が書いてあり観光スポットや駅の道案内にもなっている。

ただ、おしゃれ横丁は狭くごちゃごちゃっとしており派手な飲み屋の看板や、薄汚れた裏路地感の道のため、この派手なマンホール蓋でも意外に目立たないのだ!( ゚д゚)
私は2往復めで、デザイン蓋に気づきました。(笑)

そんな派手な看板通りの一角が、今回の目的地。

海鮮問屋「ふじ丸」

お寿司屋さんかな?と思うようなメニュー看板ですが、Yりんを信じて入店。

海鮮問屋ふじ丸

入店後、いきなり2階へ

ギリギリ角にある入口は小さく、中に本当にお店があるのか不安になりますが、入るとすぐ階段で2階に上がります。

海鮮問屋ふじ丸入口

お店のオープンは11時半からですが、既に2階では待ちが5組ほど。

海鮮問屋ふじ丸 店内

生もの以外に海鮮焼きなどもあり、これは期待大!

海鮮問屋ふじ丸 おすすめ

レジとその奥にテーブル席。

海鮮問屋ふじ丸 レジ

店内の手書きのメニュー張り紙が、雰囲気あっていい!

おすすめメニュー

大衆酒場な雰囲気のお店って久しぶりかも。
Yりんナイスチョイス、ありがとう♡

注文はスマホから、LINE会員がおすすめ!

写真付きのメニューを見ると、生もの以外に揚げ、焼き、野菜とかなり種類も多く老若男女好き嫌いあるグループでも楽しめることがわかります。

こだわり野菜産地直送

そして、豪華な夢の海鮮盛りは通常価格1680円のところ、LINE会員だと1380円になる!

ふじ丸ランチメニュー

店内は手書きメニューなどアナログな雰囲気ではあるものの、注文方法は現代式。
増えましたよね、QRコード読み込み。

海鮮問屋ふじ丸 注文方法

リアルタイムで反映するので、同じテーブルでダブって注文してしまう心配も無用。

サラダ&揚げ物&焼き物

注文したのはまず、野菜ということでサラダ!
ふじ丸サラダ 780円

海鮮問屋ふじ丸 ふじ丸サラダ

淡路島玉ねぎ串揚げ 350円

海鮮問屋ふじ丸 淡路島玉ねぎ串揚げ

和牛の土手煮込み 580円

海鮮問屋ふじ丸 和牛の土手煮込み

とろとろ月見つくね 680円

海鮮問屋ふじ丸 とろとろ月見つくね

熱々鉄板で湯気もうもう↑。
昔話に夢中になって時間おきすぎたら、目玉焼きがカチカチで全然トロトロじゃなくなっちゃいました。(>_<)

海鮮問屋ふじ丸 とろとろ月見つくね

黄身はなるべく早めに生のうちに割るのがおすすめです!(笑)

やっぱり、新鮮海鮮が美味しい!

魅力的なメニューは多いものの、このお店に来たら外してはいけないのが海鮮、生もの。
白子ぽん酢(価格忘れました)

海鮮問屋ふじ丸 白子ポン酢

そして、今回のメインはLINE会員のYりんのおかげで、夢の海鮮盛り通常価格1680円→1380円

海鮮問屋ふじ丸 夢の海鮮盛り

しまあじ、まだい、めだい、ひらめ、マグロ、ビンチョウマグロ、ネギトロ、貝、玉子の豪華9点盛り。

海鮮問屋ふじ丸 夢の海鮮盛り

私の中で小田原=地元の秦野市のすぐ近くなため山のイメージなのですが、小田原は漁港もあり、めちゃくちゃ海ですよね。
海鮮も美味しいわけだ!(^_^;)

ちなみに、小田原がアジも名産らしい。
って事で、アジフライ 480円も!

海鮮問屋ふじ丸 あじフライ

久々の再会でお酒も進みました♡

乾杯

前回も書きましたが、第16段のマンホールカード小田原Cのカードを貰い損ねたので、またこの地に来なければいけません。
Yりん、次回のお店もお願いね♡(笑)

広告

海鮮問屋ふじ丸の詳細

昼から呑みたくなる、そんな雰囲気の私好みのお店。
価格は激安チェーン店程ではないものの、味もボリュームも満足度が高いので、コスパ良し!
さらに、LINE会員になるとハイボール99円や半額メニュー、新メニュー紹介などなど、定期的にお得情報が届きます。

海鮮問屋ふじ丸
神奈川県小田原市栄町2-7-2
JR 小田原駅 東口 徒歩4分
050-5485-5315
【月〜金】
ランチ 11:30~15:00 (L.O.14:30)
ディナー17:00~22:00(L.O.21:30)
【土・日】
11:30~22:00(L.O.21:30)
公式サイト

海鮮問屋ふじ丸、結構なおてまえでした★

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


なつめいちご
  • なつめいちご
  • 姓は棗(なつめ)名は一期(いちご)。
    ななつの目(①視覚②聴覚③嗅覚④味覚⑤触覚⑥直感⑦閃き)で、
    一期一会を楽しみながら、旅を楽しむ!
    なんでもない日常や失敗も、全てが想い出、全てがネタ!
    人生楽しんだもん勝ち!