北本市①トマト大福(岡乃家)&②マンホールカード@埼玉

117

鴻巣から、わざわざレンタサイクルを利用して北本市に向かった理由。
それは川幅日本一を見る目的もあったが、どちらかと言うとこっちが本命!
以前よりお勧めされていた、とある“北本市のグルメ”を食べるため。
北本市名産のトマトを使った珍しい和菓子。
そして、配布再開したマンホールカード。

いざ、岡乃家のトマト大福&マンホールカード北本市のおてなみ拝見。

広告

昭和37年創業の御菓子司「岡乃家」

場所的には北本駅に近いですが、それでも駅から徒歩20分ほど。
なので私は、鴻巣駅から自転車ですいすい〜っと約20分。
交差点入ってすぐにありました!

岡乃家

岡乃家

中に入ると、男性のお客さんが1人。
そして、いきなり聞こえてきた声が…
「トマト大福3つください!」

トマト大福

大人気のトマト大福(130円)が、目の前でごっそり買い占められる?!
と思いきやその男性、もしかしたら後ろにいた私に気がついたのか1つだけ残してくれて、無事GETできました!(*´꒳`*)
お店の方に聞いたら、本当にそれがこの日のラス1で完売だったらしい。(汗)

何はともあれ安心したので、ついでに他の和菓子も購入。
ひな祭りだったので、道明寺桜餅(130円)。

道明寺桜餅

あとは、木の実たっぷりのクッキー(150円)。

岡乃家

住宅地の中にある小さなお店ですがお菓子の単価もお手頃で、近くに住んでたら毎日買いに行きたくなるくらい種類豊富。

兎にも角にも、ここまで簡単には来れない私は、念願のトマト大福が買えたので大満足です♡

北本市トマト大福

実食!岡乃家の「トマト大福」

そんなトマト大福ですが、家に帰ってから味わいました。
大福といえば、いちごやみかん、栗、メロンなどの果物が多いけど、トマト?
その昔、トマトはフルーツというか噂も広まったものの、一般的には木になるものがフルーツで、苗を植えて1年以内に収穫するのが野菜と言われるらしいので、やっぱりトマトは野菜?
いずれにしても、トマトを大福に入れるなんて…
吉と出るか、凶とでるか?

早速開封。
白い粉たっぷりで、ビニールもくっつかず剥がしやすい。

北本市トマト大福

柔らかくも、もちもち弾力を感じる大福(外)。
ガブリ!

トマト大福の中身

出てきたのはピンクの餡。
だが、そんなに甘くなくむしろ爽やか。
さらに食べ進めると、出てきたのは丸ごと1つのミニトマト!

トマト大福の中身

もしかして砂糖漬けなのかと甘さを期待してみたものの、かぶりつくと、普通にサラダに入ってるあのミニトマトでした!(笑)

ちなみに道明寺桜餅は、細かいお米感があっておはぎみたい。
そして、桜の葉パリパリかなりしょっぱくてあんこの甘さ引き立って美味しい。
(私好み!)

岡乃家の桜餅

以前は洋菓子派だったけど、最近和菓子が好き。
機会があればまた行きたいお店の一つです。

御菓子司 岡乃家 本店
埼玉県北本市西高尾8-89
048-592-2976
8:30〜18:30 木曜定休
食べログ

広告

北本市観光協会 観光情報発信館

岡乃家から北本駅に向かって自転車で5分程。
駅正面の西中央通りの途中にある、観光協会へ。

北本市観光協会マンホールカード

観光協会っぽくない、不動産屋とか地元企業の様な雰囲気ですが、中に入ると出迎えてくれるトマト。

北本市観光協会マンホールカード

北本トマトカレー

北本市トマトカレー

岡乃家さんの和菓子もですが、なぜトマトに拘るのか?
実は、北本では昔からトマトが特産品とされ、全国に知れ渡っていたそうなのですが、私は初耳。
どうせならマンホールカードも真っ赤なトマトにすればいいのにね?
そんな北本市のマンホールカードがこちら。

マンホールカード「北本市A001」

トマトの赤とは真逆の青!(笑)
そして、デザインは桜でした。

北本市マンホールカード

北本駅の東口駅前にこちらの蓋があります。

北本市マンホール

長い間配布休止していた北本市のマンホールカード、無事ゲットできて良かったです。

北本市観光協会 観光情報発信館
埼玉県北本市西高尾1-249
048-591-1473
9:00~1700(日祝〜16:00)
公式サイト

岡乃家のトマト大福&マンホールカード北本市、結構なお手前でした★

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


なつめいちご
  • なつめいちご
  • 姓は棗(なつめ)名は一期(いちご)。
    ななつの目(①視覚②聴覚③嗅覚④味覚⑤触覚⑥直感⑦閃き)で、
    一期一会を楽しみながら、旅を楽しむ!
    なんでもない日常や失敗も、全てが想い出、全てがネタ!
    人生楽しんだもん勝ち!