ホテルフロンティアいわき@福島いわき駅【駐車場、岩盤浴、周辺飲食店あり】

1190

初の道の駅東北スタンプラリー巡り、1日目はギリギリ3駅で幕を閉じました。
今回の宿泊はいわき駅近くのホテルフロンティアいわき。
いざ、おてなみ拝見!

当記事内の大浴場を含む写真は、ホテルより特別に掲載の了承をいただいております。
内容、テキスト、画像・動画等の無断転載・無断使用はご遠慮ください。

震災・台風の大打撃を受けながらも…

今回は場所と予算の関係で温泉は諦めたのですが、やはり大浴場は外せません。
そこで棗センサーにかかったのが、ホテルフロンティアいわき

ホテル外観
昨年の台風では被害のあったイトーヨーカドーの横


たまたまTVでこの翌週に大被害があったあの昨年の台風の様子が放映されていて、フロンティアいわきの前の道(イトーヨーカドーの前)が写っているのをみました。
行ったことある(宿泊した)場所が映ると、まるで地元が映った様な親近感😅
がんばれ、福島!!
棗さんができることは、旅でホテルに泊まったり、お土産を買ったり、美味しいもの沢山食べて貢献することくらいですが…もちろんこの日の晩ご飯しかり。
その前にまずはホテルチェック!

いわき駅の商店街近くの好立地

そもそも今回の宿泊をいわきに決めた理由は、数年前に来た時に「いわき駅前酒場」というお店がとても美味しくまた行きたかったからなのですが…残念ながら駅前酒場は閉店してしまったらしい。
でもホテル周辺は沢山お店があるし食べ物には困らななそう!😊良かったぁ!
このホテルでもらった周辺マップがありがたい❣️

いわき駅周辺マップ
実際歩くとMAP以上に美味しそうなお店が沢山!

※沢山悩んだ結果、今回はやきとりの赤鬼と、ジンギスカンのひつじどきに行きました。

駅まん前というではないけど充分歩ける距離だし、商店街を歩くのはワクワクします。(夜の提灯の灯火が好き🍺😋)

広告

充実のアメニティ&サービス

フロンティアいわきアメニティ
必要最低限ですが、女性には嬉しいメイク落とし関連。

ウェルカムドリンクもありますが、部屋の中のサービスコーヒーがドトール。何か嬉しいね🥰

フロンティアいわきアメニティ
パウダータイプの煎茶とコーヒー

嬉しい、男女別大浴場

そしてこのホテルを選んだ理由の一つ、大浴場も時間制ではなく男女別
夜12時までなので比較的のんびり入れます。

フロンティアいわき大浴場
男女別なので時間を気にせずいつでも入れる!

脱衣所も鍵付きロッカーで嬉しい!
ベビーベッドもあり。

フロンティアいわき脱衣所
ロッカーの個数も余裕あり

洗面台にもメイク落としや化粧水、乳液、ドライヤー完備!
メイク落としがあるかないかで、その宿の細かい気遣いというかサービス全体の雰囲気がわかりますね☺️
コカコーラの自販機もありました。

フロンティアいわき脱衣所
清潔感のある洗面台

シンプルに、必要最低限の最新の物が綺麗に揃ってるって感じでとても使いやすい❣️

フロンティアいわき大浴場
一般客利用もあるけど18時までなので、ゆったり入れます。
フロンティアいわき大浴場
宿泊中は混み合うことなく貸し切り状態でした

しかし、ホテルフロンティアいわきの特徴は大浴場や全室シモンズベッドということだけではない。

岩盤浴があるホテル

今回驚きの、個人的に1番の嬉しかったサービスは…
なんとこのホテル、岩盤浴があるんです❣️
しかも岩盤浴は二種類あって本当体の芯から温まってありがたい。
こちらは男女混合なので、カップルやご夫婦での利用が多かったです。(写真撮り忘れた😱)

フロンティアいわき館内
二階が大浴場、三階に岩盤浴

旅の疲れをとりに眠りに来たのか、岩盤浴に入りにきたのかわからないくらい、沢山入っちゃいました😆

広告

ホテルフロンティアいわきの詳細

これだけサービス満点で2名7700円はお得‼️
近くの飲食店で飲み歩いた後は、沢山岩盤浴に入って汗かいて、シモンズベッドでぐっすり疲れをとる、と素晴らしい宿泊コースを満喫しました。

〒970-8026福島県いわき市平大工町10-6
0246-25-1117
チェックイン   15時〜
チェックアウト 〜10時
カード利用可
駐車場あり 600円/日 70台
アクセス:JR常磐線・磐越東線:いわき駅南口から徒歩5分
常磐自動車道いわき中央ICより車で15分

ホテルロンティアいわき公式サイト

ホテルフロンティアいわき、結構なお手前でした★

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


なつめいちご
  • なつめいちご
  • 姓は棗(なつめ)名は一期(いちご)。
    ななつの目研ぎ澄ませ(①視覚②聴覚③嗅覚④味覚⑤触覚⑥感覚⑦閃き)で、
    一期一会を楽しみながら、旅を楽しんでいます。
    なんでもない日常や失敗もすべてネタと思いがち。
    人生楽しんだもん勝ち!

広告