道の駅あぐりーむ昭和@群馬【高原野菜の名産地】

202

この日2つ目の道の駅は、あぐりーむ昭和です。あぐりーむの意味は…英語の“agleam”=輝いた昭和で良いのかな?確かにこの日の空は輝いていた。楽しい旅の始まりに棗さんの瞳も輝く!あぐりーむ…本当の意味は未だ判らないけど、キラキラおてなみ拝見!

てんこ盛り売り場

建物はとにかく横に広〜いのですが、その横広を活かした直売所には、お野菜や加工品がずらりてんこ盛り。やっぱり縦より横に並ぶと沢山並んでる感じがします。夏のシンボル・スイカもゴロゴロ。こんな立派なスイカがゴロゴロしてるの久しぶりに見ました!ポンポンと叩くと、私のお腹といい勝負、良き音なり。

スイカも輝く、あぐりーむ!

そして、お味噌や蜂蜜などの加工品や調味料もたくさんの種類と数です。先日の東海旅ですっかり八丁味噌にハマっていたのですが、逆に他のご当地味噌も味わって違いを確かめたくなりました。ここのお味噌は大豆の粒々がある田舎味噌。味噌汁や汁物は最後の底の方に色々粒々が溜まってるタイプが好きな棗さん。早速このおふくろの味手作りみそをご購入!

味噌1つ選ぶだけでテンション上がりまくり!(*゚∀゚*)

じゃがいもコーナーも力入ってます!11種類もあるの?!じゃがバタで味比べしてみたい…(^。^)。道の駅のいろんな種類の食材でどんどん違いのわかる女に進化していく棗さん。ちなみにここじゃないけど、“きたあかり”を買って食べましたがしっとり弾力もあって好みのタイプでした。レシピによって使い分けて食べるのこそ小さな贅沢・大きな満足!

全部の味の違いがわかったら、イモマスターになれる!

お野菜も好きだけど…ま、本当は肉食なんですけどね。(^ω^)野菜は家で、お肉は外で派。やたらこの近辺で赤城ホルモンっていうのがあったのでこの辺りの名物なのでしょう。

ホルモンは塩派!

メニュー充実!農家レストラン

ご飯もデザートも…写真を見てるとお腹が空いてきます。

そういえばお昼をまだ食べていませんでした。ここで食べようかな〜と中を覗いてみたのですが結構人がいたのと、なんか自分的にピン!と来るのがなかったんです。メニュー写真もめちゃくちゃ美味しそうなのですが…こればかりは縁。その時の自分の気分とバチっと会うかどうか。まさに一期一会なんです。
今回は残念ですが、ノー一期一会。次の場所での美味しい出会いに期待をします!そのかわりお土産はしっかり買いましたよ。
味噌ににんにくって…ガッツリスタミナつきそうよね。(^ω^)

大盛りの田舎味噌と、ジャンボにんにく。

道の駅あぐりーむ昭和の詳細

あぐりーむ昭和の昭和は年号じゃなくて、昭和村なんですね。道の駅めぐりや旅行していて思うのは、“昭和って地名多い説”。明治や平成は見たことないけど、昭和村とか昭和インターとか各地で聞きます。そして道の駅といえば、町(村)おこし!記念きっぷの裏側の情報も密かな旅の楽しみになりつつあるのだ。

ご機嫌にスタンプポン!

道の駅スタンプ
実はレタスが売りだったみたいです。朝露キラキラシャキシャキの美味しいレタスなのでしょう!

道の駅あぐりーむ昭和
群馬県利根郡昭和村森下2406-2
0278-25-4831
営業時間:9時〜18時
食堂:11時〜17時
駐車場:大型5台 普通65台

【近くの道の駅】
白沢 14.5km
川場田園プラザ 13.9km
中山盆地 16.4km

あぐりーむ昭和、結構なお手前でした★


人気ブログランキング

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


なつめいちご
  • なつめいちご
  • 姓は棗(なつめ)名は一期(いちご)。
    七つの目(①視覚②聴覚③嗅覚④味覚⑤触覚⑥感覚⑦閃き)で、
    一期一会を楽しみながら、旅を楽しんでいます。
    なんでもない日常や失敗もすべてネタと思いがち。
    人生楽しんだもん勝ち!