道の駅白浜野島崎@千葉【花より団子…?否、花も食べる!】

58

はじめに
コロナ自粛もあけ、GO TO travelキャンペーンの話題がでて明るい兆しが見えはじめたと思ったところまた少し不穏な空気になりつつ心配。
でも〝こんな時”こそ…明るく楽しい情報を届けたい❗️
そんな思いで過去の旅を反芻しながら書いてます。
感染予防と対策、日頃の自己管理をしっかり行いましょう。
また素敵な旅ライフを沢山楽しむ為にも!(棗 一期)

房総半島の真南にある小さな小さな道の駅。
近くには野島崎灯台もあります。
半島ドライブの途中に寄るには外房からでも内房からでも到着する頃には夕方になってしまうので、白浜に宿泊した翌日に寄るのがおすすめです。
道の駅からは海は見えませんが、春は菜々花畑の黄色い海が見えます。☺️
道の駅白浜野島崎のおてなみ拝見!

灯台近くの静かな道の駅

近くと言っても車で2〜3分。歩きで16分程離れた所にあります。
休日でも車は殆ど通ってなくて静かな場所です。

道の駅白浜野島崎

春には菜の花畑が一面が黄色く明るい気持ちになります。
春の千葉の道の駅ではどこも菜の花を売っていますが、実は私は道の駅巡りがきっかけで初めて菜の花を食べました。
アスパラみたいな食感に臭みのない茎、そして食卓ではあまりない鮮やかな黄色い花の色と緑が大好物😍
それ以来、春になるとかならず千葉の道の駅に買いに行くようになったのだ★

道の駅白浜野島崎
菜の花食べ放題!(笑)

そして春の千葉はお花も咲いて賑やかになります。
白浜野島崎の建物前にもビニールハウスや花壇が華やかになっていました。(冬はかなり寂しい景色😅)

道の駅白浜野島崎
自然の赤や黄色って癒されるね

2018年2月グランドオープン:Farmers Concierge

初めてきた時にはこんなのお洒落な建物じゃなかったはず…と思って調べたら、2年ほど前に別館がグランドオープンしていました。
地元野菜や民芸品以外に、とても美味しそうなカレーパンやスープ、シュークリームが売っています。
名前もファーマーズコンシェルジュとお洒落な看板。

道の駅白浜野島崎

そんなに広くはないので少しずつですがいろんな地元野菜が売っていました。
そして、ちょっと普通と違う野菜が多かったです。

道の駅白浜野島崎

例えば…ミニ大根。50円❗️
水々しく柔らかそうです。

道の駅白浜野島崎

スティックセニョールなど。

道の駅白浜野島崎

甘ーい香りのイチゴちゃん🍓
春先はビニールハウスでイチゴ狩りができるらしいですよ。(※コロナの影響で変わってる可能性があるので事前に最新情報をご確認ください)

他には、地元の方が作った手作り雑貨や貝殻などもありました。
なぜか子供の頃から貝殻が好きな棗さん。
何にも使えないのに眺めてるだけで癒されません?
ピンクの桜貝とかも大好きです。

道の駅白浜野島崎
民の声
民の声

棗さんは食べれない貝殻よりこっちでしょ?(笑)

花より団子…

むしろ花も食べる!

棗さん
棗さん

南房総まるごとクッキー
なんと、中には食用のお花が押し花の様に入っています。
クッキー一枚で210円はちょっとお高めで自分で買うのは気が引けますが、ちょっとしたプレゼントに添えたりするのもおしゃれで良いかも!

道の駅白浜野島崎

お洒落デリ★

レジ横では何やら美味しそうなモンが控えてます。
名物は4つのお店で作った白浜カレーパンにスープ。
まるでスープストックみたいな見た目のお店ですがテイクアウトがメインっぽく、一応テーブルはあったけど1つ2つだった記憶…。
スムージーにシュークリームも売っているのでちょっと休憩にいいですね。

道の駅白浜野島崎

しかし全体的にお値段がお高目なのと、朝食バイキング付きの宿泊でお腹が空いていなかったため、こちらではスナップエンドウと道の駅カードのみ購入しました。
いつかカレーパン4食食べ比べをしてみたいなぁ。

道の駅白浜野島崎の詳細

道の駅スタンプ白浜野島崎
スタンプはもちろん野島崎灯台!
道の駅カード白浜野島崎
道の駅カード(表)
道の駅カード白浜野島崎
道の駅カード(裏)

千葉県南房総市白浜町滝口9240
0470-38-5519
営業時間:9:00〜17:00
駐車場:大型1 普通17 身障者用2

【近くの道の駅】
ちくら・潮風王国 8.4km
南房パラダイス 8.9km

千葉県公式観光情報サイト

https://maruchiba.jp/sys/data/index/page/id/15789

道の駅白浜野島崎、結構なおてまえでした★

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


natsume-ichigo
  • natsume-ichigo
  • 姓は棗(なつめ)名は一期(いちご)。
    七つの目(①視覚②聴覚③嗅覚④味覚⑤触覚⑥感覚⑦閃き)で、
    一期一会を楽しみながら、旅を楽しんでいます。
    なんでもない日常や失敗もすべてネタと思いがち。
    人生楽しんだもん勝ち!