道の駅どまんなかたぬま@栃木9【ど真ん中Japan】

71

道の駅みかもから車で15分ほど離れた場所に、面白い名前の道の駅があります。
道の駅どまんなかたぬま
何に対してのど真ん中🎯なのか、気になりますね。🤔
いざ、おてなみ拝見。

日本列島のど真ん中?!

一度聞いたら忘れられない名前。
町内のど真ん中?
県内のど真ん中?
なんと…日本のど真ん中なんですって!
え?日本の真ん中って富士山じゃなかったんだ…⁉️😳

「どまんなか たぬま」という名称は、旧・田沼町が北海道の宗谷岬と鹿児島県の佐多岬から同じ距離に位置し、日本列島の中心を名乗っていたことに由来する。

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/道の駅どまんなか_たぬま

なるほど!
沖縄を除いた南北のど真ん中なんですね。
名前の由来を知れたところで、先に進みましょう。
外にはミニサーキット🚗💨

道の駅どまんなかたぬま

公道じゃないからどまんなかを走っても大丈夫👌🏻😆
奥の小屋には足湯があり、子供がサーキットで遊んでる間、大人はここで休憩。

ご当地食材、耳うどんのヒミツ…

道の駅どまんなかたぬまの建物はいくつかに分かれて変わった形をしています。
そして売っているものも珍しい?
私が選んだ道の駅諸国名産品コーナー

道の駅どまんなかたぬま

私=店長さんでしょうか?
なんといってもど真ん中だもんね、日本中のいろんなモンが集結してもおかしくない‼️

でもちゃんと栃木の名産もあります。
佐野市の名物耳うどん。そして名物かどうかも謎のアロエベラ

道の駅どまんなかたぬま

アロエベラは何故か売っていましたが、アロエって南国のイメージだし、栃木は寒いイメージだし正反対なのです農家さんがいるのかな?
珍しい耳うどんは小さな耳がいっぱいで可愛い😍と思ったけど…
よくよく考えたら耳食べちゃうの…怖い〜😱
そしてなぜこんな形をしているかというと…

耳うどんとは

栃木県佐野市の郷土料理で、仙波地区ではお正月に食べるのが習慣になっているうどん属の麺料理。(すいとんに近い)
耳うどんの形は悪い神様の耳を意味しており、耳を食べちゃえば家の話を悪い神様に聞かれず一年間悪いことが起こらない=魔除けの意味もある。
また、耳を食べてしまえば悪口が聞こえないので近所との交際が円満にいくなどの言い伝えもある。

なにやら人に聞かれない様というのがキーワードみたいですが、もしかして大昔この辺りには噂好きな疫病神みたいな人がいたのかも?
そして、その人を懲らしめるために耳を…😱ギャー❗️真相は闇の中…。🕳

栃木の道の駅は卵が美味しい

これは個人的な印象なのですが、栃木県の道の駅は卵の種類が多く美味しい卵が多い!(養鶏場も多い)

道の駅どまんなかたぬま

関塚さん家の卵は餌が違って黄身も白っぽい。
道の駅巡りやご当地卵食べ比べをするまでは気づかなかったけど、卵って本当に色も味も全然違うんです。
白身は弾力あったりサラサラだったり形状の違いが多いけど…黄身は色も違うので食べた時の違いを凄く感じます。

道の駅どまんなかたぬま

ちょっと高いけど、美味しい贅沢😋
さらに、夏はもひとつ贅沢❣️😋

雪ノ下cafe &sweetsのかき氷

どまんなかたぬまの公式Twitterで見ていて気になっていた雪ノ下のかき氷🍧。
都内にもあるしぶっちゃけ家の近くにもあるのですが…😅
旅先で食べると格別な味。
パンケーキとかき氷cafe、2020/3/12にどまんなかたぬまにグランドオープン‼️

道の駅どまんなかたぬま雪ノ下

貸ホール(会いてる時は無料休憩スペースとして利用可)のどまんなかホールの隣にあります。
直売所とか賑やかな所から離れていて静かな空間。

道の駅どまんなかたぬま雪ノ下

椅子やテーブルなど店内の配色も落ち着いていて涼しげ。
しかし、この日の暑さはそんなモンじゃ涼しくなりません。
ここはやっぱり…かき氷🍧😋

道の駅どまんなかたぬま雪ノ下

フルーツかき氷進化系天然水かき氷など、どれも美味しそうで迷います。
しかし…かき氷=お祭りの350円のブルーハワイな人間からすると驚くほど高い😵‍💫
3〜4倍の価格です。
しかも普段からスイーツにあまり興味もなければかき氷なんて10年近く食べていない棗さん。😬
でもね、逆に10年ぶりのかき氷だからこそ思いっきり豪華なのを食べたいわけです❤️
色付きとか、フルーツゴロゴロとか、好きな味とかめちゃくちゃ悩んだ結果私が頼んだのは…
お店イチオシの桃ミルク氷

道の駅どまんなかたぬま雪ノ下

ドリンクセットにして1480円でアイスコーヒー頼みました〜。
みを引き立たせるみ、人生と一緒。
かき氷は映えるピンクのイチゴ🍓も良かったのですが映えより今、私が食べたい物。
…で、最近ハマってるエスプーマと桃🍑。
え?白い?色がない?映えない?いいんです、美味しければ❣️

道の駅どまんなかたぬま雪ノ下

そんな選び抜いたカキ氷のお味は…
上に乗った桃の果肉の上品な甘さと、ミルクや桃の味が絡まったソース、そしてフワフワの氷の口溶け感、そして中にも桃が、、、🍑
ここは極楽⁉️桃源郷⁉️🤤
もしかしたらここに来る前に寄った三毳の閻魔君が日頃の行いがよい棗さんを極楽に送り出してくれたのかも知れません。
もしくは「地獄に来られて食料を根こそぎ喰われたらたまらん。棗は極楽行き!👺」と地獄での受け入れ拒否され極楽へ飛ばされた?
真相は闇の中…。🕳
そんなこんなで、めちゃくちゃ大きなかき氷も極楽の様な涼しい店内であっという間にペロリでした。美味しかったよ〜😋

道の駅どまんなかたぬまの詳細

道の駅スタンプどまんなかたぬま

道の駅記念きっぷの裏面は可愛いさのまるー❤️
さのまるってカブトは丼だし、前髪は麺だし、二刀流の刀は芋フライだし…どこをどう見てもかわゆくて好き😍

道の駅記念きっぷどまんなかたぬま

栃木県佐野市吉水町366-2
0283-61-0077
営業時間:8:00〜19:00(10〜3月は18:00迄)
ふれあい交流館:9:30〜19:00 ※スタンプ設置
雪ノ下cafe&sweets:9:30〜19:00
駐車場:大型22 普通420 身障者用10

【近くの道の駅】
みかも 8.8km
にしかた 25.6km
道の駅どまんなかたぬま公式サイト

道の駅どまんなか、結構なおてまえでした★

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


なつめいちご
  • なつめいちご
  • 姓は棗(なつめ)名は一期(いちご)。
    七つの目(①視覚②聴覚③嗅覚④味覚⑤触覚⑥感覚⑦閃き)で、
    一期一会を楽しみながら、旅を楽しんでいます。
    なんでもない日常や失敗もすべてネタと思いがち。
    人生楽しんだもん勝ち!