マンホールカード福生市&KAWAカード【多摩川・平井川】@東京

595

羽村市マンホールカードゲット後、次は福生市を目指しますが、少し南下しあきる野市へ寄り道。
あきる野市のマンホールカードは以前貰ったので、今回は別の目的。
大きな「多摩川」と、その支流「平井川」の写真を撮ってKAWAカードを貰おう!
いざ、あきる野市のKAWAカード&マンホールカード福生市のおてなみ拝見。

広告

KAWAカード:多摩川

多摩川は、山梨・東京・神奈川を流れる大きな川。
多摩川の表記については、前回書いた玉川以外にも、万葉集の多麻河、山梨の丹波川が訛ったものなど様々な説があります。
また「タマ=霊魂」で霊力を持つ川、「タマ=宝玉」で美しい川など例えもありますが、多摩郡という地名がついた方が先で、単純に多摩を流れる川で多摩川説が有力っぽい。

多摩川

現代では、聖なる川や宝石の川よりも、BBQのイメージが強い多摩川。
羽村堰下橋という大きな橋の近くにはレクレーション広場があり、400〜600円でバーベキューができます。

羽村堰下橋

あきる野市ではこんな大自然な多摩川も、すぐ隣の福生市では取水口らしき物があったり徐々に人工的になってくる。

多摩川

こんなに大きく長い多摩川でも、日本では25番目に長い川。
上には上がいる。

多摩川

そして、後日都庁でいただいたカードがこちらですが、川に映された紅葉が見事。

IKEカード多摩川

多摩川
◆撮影箇所:東京都羽村市羽、東京都福生市北田園2丁目
◆カード配布場所:東京都河川部計画課
新宿区西新宿2-8-1 第二本庁舎6階南側
03-5320-5425
都庁でのカードゲット詳細記事はこちらをご参照ください

KAWAカード:平井川

五日市線から見える多摩川中央公園辺りで多摩川は2つに分かれる。
その支流が今回のもう一つの目当てのKAWA、平井川
(ちなみに、そこよりさらに南側でも支流に分かれますが、それが秋川。)

実はKAWAカードになっている川って、多摩川の支流が多い。
全く別の地域で見た川が、最終的には同じ水になると思うと不思議な気持ち。

平井川

こちらは小さな川で、葉っぱが生い茂っています。

平井川

都内でもトンボが多く生息する川とのことですが、川に植物がはみ出す湿地帯や浅い川はトンボに好まれるらしい。
カードの写真もやはり植物がはみ出していますね。
多摩川周辺はトンボと紅葉、次は秋に注目!

IKEカード平井川

平井川
◆撮影箇所:東京都あきる野市原小宮付近
◆カード配布場所:東京都河川部計画課
新宿区西新宿2-8-1 第二本庁舎6階南側
03-5320-5425
都庁でのカードゲット詳細記事はこちらをご参照ください

広告

福生市観光案内所くるみるふっさ

実は今回は川尽くし。
平井川から自転車で20分ほどで、福生市街に到着。
福生市の地面にあるマンホール蓋には、天の川

福生市マンホール

こちらの七夕祭りの起源は仙台七夕祭りらしいのですが、開催されるのは8月ではなく今月。
ちょうど今週末の土日(7/8、9)に福生七夕祭りが開催されます。
そんな情報も、マンホールカードを配布しているこちらで知れると思います。
福生市観光案内所くるみるふっさ

福生市くるみるふっさ

福生市公式キャラ、「たっけー☆☆」がお出迎え。
もちろん、七夕の竹です。
館内にはオリジナルグッズや観光案内パンフレットが沢山ありますが、私が気になったのは…

福生の観光情報

福生ドッグ?
なんだか横須賀ネイビーバーガーみたい?と思ったら…
実は福生市にも米軍基地があり、それが福生ドッグ誕生の由来みたい。
福生ドッグ公式サイト

記念に食べようと思ったのですが、運悪く狙っていたお店が立て続けにお休みor時間外のため断念。
七夕祭りでの食べ歩きでも人気ありそうですね!

マンホールカード「福生市A001」

今回いただいた福生市のマンホールカードがこちららですが、なんとこの数日後の5/1に配布終了。
ちなみに再配布情報などは特になく、今後については不明。

マンホールカード福生市

福生市観光案内所「くるみる ふっさ」
東京都福生市本町23番地
福生駅より徒歩5分
042-530-2341
10:00~18:00 ※月・木は休み
公式サイト
※月木以外は福生市役所で配布していました。

七夕祭りで「配布再開」を願おう!
あきる野市のKAWAカード&マンホールカード福生市、結構なおてまえでした★

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


なつめいちご
  • なつめいちご
  • 姓は棗(なつめ)名は一期(いちご)。
    ななつの目(①視覚②聴覚③嗅覚④味覚⑤触覚⑥直感⑦閃き)で、
    一期一会を楽しみながら、旅を楽しむ!
    なんでもない日常や失敗も、全てが想い出、全てがネタ!
    人生楽しんだもん勝ち!