白鳥丸@千葉県御宿【いざ捌かん!房州海老】

319

最近は千葉県南房総に行くとかなりの確率で伊勢海老(こちらでは房州海老というそうらしい。)を買います。
相場100g1000円のところこの辺りでは100g700円前後で買えるのでとてもお得なのと、一人前にちょうど良い大きさが買えるのでありがたい。🥰伊豆半島では稲取漁港で伊勢海老を、南房総では房州海老を。今回は御宿で新しいお店を見つけたので寄ってみました。
御宿の白鳥丸、いざおてなみ拝見!

隣の施設では地域のコミュニティイベントも開催!?

たまたま通りがかった御宿で発見!

数年前に御宿で海水浴をしたものの、食事なし民宿泊だったので知らなかったのですが…御宿は秋には伊勢海老祭りをやるほど推し!の場所なんです。振舞い伊勢海老汁頂きた〜いっ!🤣
残念ながら今回も振舞い汁には出会えなかったのですが、綺麗なお店を発見!この日は隣の建物で地元の方たちの模擬店っぽい催しものやってたし、駐車場もかなり広いからバスツアーでの利用も多いみたいです。
正直…この造り(綺麗すぎる建物、観光バス用の駐車場)のタイプは価格設定が観光客狙いで高めの所が多いから、期待はせず入店してみる。さてさて…

貝はちょっとお高め。ハマグリ1つ500円
干物もセットで700〜1000円以上

たまの旅行での思い出土産と考えればそんなに高くもないのですが、旅先の海鮮は漁港で安く買ってナンボと思っている棗さんの見る目は厳しい🧐
ん〜と悩みつつ活き伊勢海老の水槽を見ると…おっ!😳

100g700円から!

ありました!元気に泳ぐ伊勢海老ちゃん。しかも100g700円なら、まぁお得!?

端に固まる伊勢海老ちゃん。お店の人が中に手を入れると元気よく逃げ回ってました。

せっかくなのでちびちゃんを一尾購入。するとお店の方が捌きますか?と聞いてくれました。実はこのお店はレストランが併設されており調理もしているので、頼めば捌いてくれるみたい。

レストラン併設で、お魚も頼めば捌いてもらえる。
奥にはレストラン

しかし、棗さんが伊勢海老を買うのは家で捌きたいからなんです。その楽しみを店員さんになんてあ〜げない😤

一人前なら充分な大きさ、伊勢海老ちゃんを捌こう!

ここからは、お魚の内臓とか怖〜い触れないし見れな〜い…って方は回れ右!😤👉🏻
美味しいモンを食べる為には、苦労もスパイスの一つ。

これで約250g位かな?一人前なら充分!

活きた伊勢海老ちゃんは新聞紙に包まれた状態で冷蔵庫に入れておけば翌日もまだ生きてる。すごい生命力。早速始めるとするか…
棗「血祭りにあげてやる…ふふふ😎」
新鮮な魚介類を目の前に包丁を持つと悪い顔になる棗さん。
実は3回目の伊勢海老捌き。もう何も見ないでもサクサクいきます。

⑤スプーンなどで背中の殻からくり抜く

初めての時は包丁で挑戦した時は、殻が固くて切れないし海老が動いたりゴツゴツの殻で手が傷つきそうでしたが、キッチンハサミを使えば簡単です。②の頭を抜く時も殻が痛いのでタオルとかで巻くと良いかも。
オトメノヤワハダヲマモルノダ🖐🏻🐰🖐🏻
切り取った身を適度に一口サイズにすれ…おひとりさま伊勢海老の活け作り🦞の完成だ!食べる時はもちろん殻にのせて。

外で食べたら倍以上のお値段!

ほとんど頭で損してるとお思いの方は、まだまだ伊勢海老初心者ですな。😚
伊勢海老の真骨頂は頭から出る出汁。お味噌汁です。この大きさだと味噌だけじゃなくて足にも身が入ってて食べれました。

お椀に入れると意外と大きい事がわかるね。

伊勢海老一匹で2日楽しめました。
今のところ一番格安だったのは、千葉の道の駅千倉潮風王国のお得品セールの一尾500円(※かなり小ぶり)。
次に伊豆稲取漁港の100g600円代ですが、グラム1000円きってればかなりお得に満足感を味わせます。
これからも棗さんの格安伊勢海老探しの冒険は続くのだ。

白鳥丸の詳細

〒299-5107 千葉県夷隅郡御宿町浜2163
0470-68-3031
営業時間:平日 8:00~16:00
                   土日 8:00~17:00
不定休

御宿観光のお食事に『白鳥丸(しらとりまる)』御宿の『白鳥丸』では、100席の店内をご用意し、観光やバスツアーなどのお食事にご利用いただけます。名物の粕漬け、酒粕スイーツに加え、鮮度抜群のお刺身や魚介パスタなど、地魚を用いた料理がおすすめです。
御宿観光のお食事に『白鳥丸(しらとりまる)』 www.shiratorimaru.com
御宿観光のお食事に『白鳥丸(しらとりまる)』
隣にある御宿のタコス屋さん

隣にある御宿のタコス屋さんAMA TACOSさんは、地域おこし協力隊としてボランティア参加や交流スペースでの活動もしているらしい。ちなみAMA=海女。

大きなイケスの白鳥丸、結構なおてまえでした★


グルメランキング

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


なつめいちご
  • なつめいちご
  • 姓は棗(なつめ)名は一期(いちご)。
    七つの目(①視覚②聴覚③嗅覚④味覚⑤触覚⑥感覚⑦閃き)で、
    一期一会を楽しみながら、旅を楽しんでいます。
    なんでもない日常や失敗もすべてネタと思いがち。
    人生楽しんだもん勝ち!