高坂サービスエリア下り@関越自動車道【SAグルメ】

838

実は道の駅スタンプラリーブック関東版は長野と群馬の一部以外は制覇をしている棗さん。
新たな開拓と中部版と東北版を手に入れたものの…やはり関東圏から周るのはなかなか骨が折れる。
東北版は先日、牛歩のスピードで福島のいくつの駅を巡りましたが、そろそろ温泉にも入りたいし新潟辺りなら行きやすいので足を延ばすことにしました。

2019年11月、雪が降る前に三国峠温泉へ向かう途中、いざ、高坂サービスエリア下りのおてなみ拝見!

上り線の記事はこちらから📝

高坂サービスエリア下りのグルメ

関越自動車道を利用するのは珍しいのですが、群馬へ温泉に行く時には使います。
そしてお昼ご飯は高坂サービスエリア下りで。🍴😋
大きなサービスエリアでの昼食の時はいつも悩みます。レストランか?フードコートか?
まずはフードコートからチェック👀

フードコートは3店舗

フードコートは24時間営業。写真左から
・とんこつ横浜家系ラーメン九ッ家
・そば うどん
・御飯物

パッと見、3店舗しかないしう〜ん😖と思ったのですが…

高坂サービスエリアフードコート
お昼時はこの賑わい!

そんな心配はご無用、着丼したら満足!私が頼んだ…
東松山みそかつ丼(820円)

高坂サービスエリア下り
秩父の“わらじカツ”とか、埼玉はカツが名物?

サクサクの大きなカツに濃い目の味噌だれが美味しい❣️
ご飯とカツの間のキャベツの千切りにも合う味噌だれが食欲をそそります😋
たっぷり乗った薬味(万能ネギ)も良いアクセント。

そして。とんこつラーメン
私の中で家系とんこつといえば醤油豚骨の茶色いスープなのですが、見た目はまるでソーキソバみたいなあっさり目。
スープだけ見ると博多豚骨みたいだけど麺が中太なので、やっぱりソーキソバみたい…(笑)
少しいただきましたがこちらもおいしかったです。

とんこつラーメン
見た目はソーキソバ、玉ねぎのみじん切りは八王子ラーメンみたい。でも味は…しっかりと豚骨!

(ちなみに、ソーキソバも売ってます)
それにしても最近のサービスエリアのご飯って全体的にレベル高くなりましたよね。

広告

食後のコーヒーならKEY’S CAFE

高坂サービスエリア下りKEY’S CAFE

フードコートの前にはKEY’S CAFEがあります。
お腹いっぱいだけど、生クリームたっぷりのアイスカフェモカは別腹😋

レストランはあんかけ推し?

さらに別の日にはレストランにも入ったのでそちらもご紹介。

店内は広く4人掛けソファー席が多いし、ちょっとした区切りもあるので落ち着いて食事ができます。
ベビーカーとか小さなお子さん連れの家族も結構いました。

料理は和洋中ですが洋中がメインかな。そして、とにかくあんかけ推し。

しかしこのあんかけソース、美味しいのですが大鍋で作ってすべての料理にこのソースかけてるんじゃないの?というくらい…他のメニューも同じ味でした!(笑)

というのも、私はメニューを悩んだ末どうしてもチャーシュー丼が食べたかったので坦々麺セット頼んだのですが…そのチャーシュー丼がほぼあんかけ丼でした。。。
同行者の頼んだあんかけ焼きそばと全く同じ味…😅思ってた醤油だれのチャーシューゴロゴロとネギ盛りじゃなかった〜(笑)
あんかけの存在感が強すぎて麺でもご飯でも同じ味でした。🤣

お土産売り場の、顔・顔・顔!

そして。レストランの真横にはお土産売り場がありますが、なかなか良い感じ。
キャラクター土産が可愛いです。
何か熱い視線を感じると思いフと見ると…売り場に並ぶ顔、顔、顔!

高坂サービスエリア下り
じぃー、

じーー👀

高坂サービスエリア下り
じぃーー…

じじーーー👀

高坂サービスエリア下り
じぃーーー!

じー(連れて帰って…😶😶)
連れて帰りたい(買いたい)のはやまやまですが、今から旅の始まりなので…ごめんなさい🙇‍♀️💦

他にも美味しそうなお菓子がたくさんで、旅の途中休憩に楽しいサービスエリアでした。
引き続き新潟に向かって進みますが、途中道の駅たくみの里に寄り道です!

〜つづく〜

広告

高坂サービスエリア(下り)の詳細

〒355-0053 埼玉県東松山市大字田木字駒堀981-3
駐車場:大型:101/小型:268
<営業時間>
レストラン:7:00~22:00 (LO 21:30) 
フードコート:24時間
売店・ガソリンスタンド:24時間
公式サイト

高坂サービスエリア、結構なお手前でした★

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


なつめいちご
  • なつめいちご
  • 姓は棗(なつめ)名は一期(いちご)。
    ななつの目研ぎ澄ませ(①視覚②聴覚③嗅覚④味覚⑤触覚⑥感覚⑦閃き)で、
    一期一会を楽しみながら、旅を楽しんでいます。
    なんでもない日常や失敗もすべてネタと思いがち。
    人生楽しんだもん勝ち!

広告