道の駅いちかわ@千葉29【都心から一番近い道の駅】

282

千葉といえば一番最初に道の駅スタンプラリーを制覇した県で、日帰りでも泊まりでも一番旅行に行っている県かもしれません。
そんな千葉に、また新たな道の駅ができていました。
2018年4月。
私の持ってたスタンプブックは2016年。また普段いちかわ付近へ全く通らないため、新しく出来ているのを知らずに2年過ごしていたのです!😱
キャッチコピーは東京都心に一番近い道の駅
そんな道の駅いちかわのおてなみ拝見!

市川市は23区のお隣さん

千葉県市川市は東京23区の葛飾区と江戸川区に隣接しています。
東京唯一の道の駅八王子滝山よりも都心に近いのだ。
国道298号線の大きな道沿いにあり、市川駅からバスも走っています。

道の駅いちかわ

市川北ICからも近く、大型トラックも多く止まっていました。
道の駅というよりサービスエリアのような雰囲気です。(しかもpasarやEXPASA系の雰囲気)

道の駅いちかわ

大型車は48台で普通車69台とそんなに変わらない数を止められるのですが、当然大型の方が場所を取るので…敷地内はほぼ大型車駐車スペース!
だからサービスエリアっぽい雰囲気がするのでしょうか?

SAみたいな道の駅

道の駅いちかわ

サービスエリアっぽいのは駐車場だけではありません。
別棟になっているトイレの中もサービスエリアでよく見る造り。
これは期待大、中に入ります。

道の駅いちかわ

入口付近にはサービスカウンター(ここで記念きっぷが買えます)や、雑貨売り場。

しかも、チーバくんグッズなど地元感あふれていい感じ!

道の駅いちかわ

新しい道の駅あるある。
館内の壁面はガラス張りで開放感がある。(棗調べ)
伊豆月ヶ瀬とか尾瀬かたしなとかね!😉

道の駅いちかわ
開放的な売り場

旬の時期に!メルカートいちかわ

市川産の野菜や果物が並んでいますが、が名産とは初めて知りました。
梨の入荷時期が種類ごとに書かれていますが、種類で半年も変わるんですね。😳

多古米や梨フェアなど、旬の物を旬の時期に沢山届けようとしているのが伝わってきます。

道の駅いちかわ
この日の梨は何かな〜?

千葉名物食品も勢揃い

私の中では、道の駅ながらや(まだ記事掲載してませんが発酵の里こうざき)のイメージで千葉=味噌なのですが、実は千葉はお醤油も名産なんです。
地元が千葉の友人にも下総醤油は買ったほうが良いと言われているのですが、まだチャレンジできていません。
いつか…ね😋
もちろんお味噌も沢山並んでいました。
そして千葉といえば…

千葉県民なら知っている。否、千葉県民で知らない人はいない、めちゃくちゃ甘いマックスコーヒーのピーナツは売り切れ。
マックスコーヒー関連の商品は市原サービスエリア房の駅でも売ってましたね😋

生どら焼きが美味しい

小腹が空いたので何か買おうと売り場を彷徨っていると、レジ近くに冷蔵庫がありました。
スイーツも千葉売りの珍しいものがならんでいる。😋
生どら焼き、ピーナッツロールケーキ(売切れ)、ピーナッツシュー(売切れ)、雫。
やはり千葉=ピーナッツのイメージは強く売り切れていますが、どれも美味しそうで悩む…。🤔

せっかくなので、今回の訪問で名産と知った梨のスイーツを選びました❣️

道の駅いちかわ
ふわふわ美味しい

どら焼きというよりはブッセの様な生地に生クリームの梨の砂糖漬けがたっぷり入っています。
甘いけど梨のサッパリさがいい感じ。
そういえば、お隣の船橋市のゆるキャラは梨の妖精ふなっしーだったことを思い出しました。
千葉はピーナッツに枇杷に普段馴染みのないフルーツが多かったけど、苺や林檎と並ぶ梨も名産だったんですね。

いちcafe+トラットリア・アルポンテ

施設内奥の方にはカフェがあります。

道の駅いちかわ
コーヒーのいい香り

店内ではトラットリア・アルポンテのピザ・パスタ・カレーを食べれたらお持ち帰りできるとのことですが…?
メニュー写真を見ると生ハムやステーキなどちゃんとしたイタリアンな雰囲気が漂っています。

トラットリア・アルポンテ
日本橋浜町の名店「アルポンテ」の姉妹店。日本イタリア料理協会の副会長でもある原宏冶氏がディレクションを務める本格イタリアンレストランです。
公式サイトより

お食事メニューは11時〜14時、17時〜21時まで。
またカフェでもホットスナックやスイーツなど美味しそうなメニューが揃っていました。
とりあえず、私はアイスコーヒーを注文。

道の駅いちかわ
アイスコーヒー 350円

いちcafe珈琲焙煎処

いちcafeで飲んだコーヒーが美味しかったので、隣にある焙煎処にも寄ってみました。
いい香りの正体はここか!

道の駅いちかわ

いろんなコーヒー豆が売っていますがミルがない人もご安心ください。
焙煎したてのドリップバッグが売っています。
1個100円〜と棗さんにとっては家で飲むにしてはかなり高級な一杯。
でも沢山の種類から色々選べるこの感じ…好き😍

道の駅いちかわ
どれにしようかな〜?

コーヒーチャートもあるので、自分の好みを探すのも楽しい。
香り、コク、甘味、酸味、苦味…じーっとしばらく睨めっこ。😠

さて、私が選んだ3つは…

道の駅いちかわ
上:オータムブレンド、左:いちかわB、右:イルガチェフェ

オータムブレンド(120円)…華やかな甘い香りと力強いコクが特徴で、深い味わいに仕上がりました。

いちかわブレンド(100円)…口当たりが柔らかく、ほのかに酸味が感じられるバランスの良いブレンド。しっかりしたコクもあります。

イルガチェフェ(140円)…イルガチェフェ地方の上質なモカコーヒーは甘味が強く、日本人に人気のあるモカ特有のフレーバーを感じ、あまい花のような香りが特徴です。

パックを開けるとコーヒーの良い香りがいっぱい広がって幸せな気分になりました。
一杯100円…これで美味しくて心も癒されるなんて素敵なプチ贅沢★
しかも一杯ずつパックに入ってるから風味も長持ちするし良き🥰

外にはキッチンカー勢揃い

今回は日帰り旅なので、ちょこちょこつまみ食い。
梨生どらやきとコーヒーだけじゃちょっと物足りなかったので、外のキッチンカーをチェック。

モツ煮やコロッケ。
モツ煮はお酒飲みたくなっちゃうし、ここはサクっと食べられるコロッケを選択。
ウリは松戸白宇宙かぼちゃコロッケみたいだけど…矢切ネギコロッケにしました。😋

サクサクでつまみ食いにはもってこい。
キングオブつまみ食い、コロッケ❤️

久しぶり、道の駅ピンズ

千葉の道の駅といえば、そう。
道の駅ピンズ。
千葉でも内陸側の道の駅でちらほら見かけますが、全部の道の駅にあるわけではなくコンプリートがいのない代物である。😅

道の駅いちかわ

千葉県verとあるが千葉県以外で見たことない…
千葉の全道の駅が書かれているけどピンズガチャを置いてない駅沢山ある…
よく見ると現状は赤丸シールの14箇所しか開催していないらしい。😟
なんてぶちぶち文句を言いながらもガチャりお金を落とす棗さん。
ちなみにこのガチャはその駅のピンズしか出ないのでご注意ください。(やちよの失態はもうくり返さない!)

道の駅ピンズいちかわ
道路の看板と同じ、お馴染みの道の駅ロゴ

なんだかんだゆうても、マイナーもんの収集癖がある棗さんでした。

道の駅いちかわの詳細

コンシェルジュのおねぃさんもいるし、とっても綺麗な道の駅。
スタンプは2種類ありました。
これ、実に困る。
どちらをメインで押してどちらを予備シートに押すか悩みます。

道の駅いちかわ

良かれと思いのいちかわのありがた迷…サービスに悩みながら私がメインに選んだのはこちらの四角。
市川の文字をちゃんとロゴにしていますし、お店の名前も入ってます。

もちろん記念きっぷもゲット!
裏面は梨でした。

千葉県市川市国分6丁目10番1号
047-382-5211
営業時間:8:00〜22:00 ※店舗により異なります
駐車場:大型48 普通69 身障者用2

【近くの道の駅】
しょうなん 19.8km
やちよ 21.9km

道の駅いちかわ公式サイト

道の駅いちかわ、結構なおてまえでした★

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


なつめいちご
  • なつめいちご
  • 姓は棗(なつめ)名は一期(いちご)。
    七つの目(①視覚②聴覚③嗅覚④味覚⑤触覚⑥感覚⑦閃き)で、
    一期一会を楽しみながら、旅を楽しんでいます。
    なんでもない日常や失敗もすべてネタと思いがち。
    人生楽しんだもん勝ち!