道の駅鴨川オーシャンパーク@千葉5【巨大サザエ現る!】

432

道の駅スタンプラリーを始める前から房総ドライブの度に寄っていた道の駅鴨川オーシャンパーク
実は、私が初めてスタンプブックを手に入れたのもここでした。
館内に大きく道の駅スタンプブック販売の張り紙が貼ってありそのおかげで知る事ができました❣️
関東版も残すところ長野県のみですが、やはりスタンプ巡りを始めた千葉県の道の駅は私にとっての原点で思い入れが強いです。
そんな、鴨川オーシャンパークのおてなみ拝見。

海辺の巨大サザエ

道の駅鴨川オーシャンパーク

国道128号太夫崎漁港の近くにあり、駐車場から少し歩くと大きな架け橋が現れます。
その先にあるのは…海辺の大きな大きなサザエ⁉️😳

道の駅鴨川オーシャンパーク

最新の道の駅はデザイナーズな造りが多いけど、こちらは1997年(平成9年)4月に開駅で千葉県5つ目とそこそこの歴史のある道の駅。
なのに当時からこの建物は…なかなか斬新ですね!

道の駅鴨川オーシャンパーク

太鼓橋を渡る気分は竜宮城に向かう浦島太郎。
でも向かうのは亀🐢の背中ではなくサザエの背中👣
橋の下にはうっすらと水がひかれていますが、こちらは水遊びのできるじゃぶじゃぶ池

道の駅鴨川オーシャンパーク

ちゃんと海水が流れるらしく、カニやヤドカリ等に出会えるかも?
よく見るとじゃぶじゃぶ池にも石でできたサザエがいくつかいます。
※こちらの子サザエは中には入れません😚

道の駅鴨川オーシャンパーク

コロナ禍前は、親サザエの中で毎月いろんなイベントをやっていました。
早く以前のように盛り上がって欲しいですね。

道の駅鴨川オーシャンパーク
広告

サザエの中身は道の駅!

中に入ると吹き抜けの2階建て。
入口が2階でそのまま進むとレストラン
ぐるりと回り込んでエレベーターか階段で下の階に降りると物産館
壁には松男丸と書かれている力強い大漁旗が飾られています。

道の駅鴨川オーシャンパーク

レストラン

昔ながらの食堂という雰囲気ですが、食事をしながら大きな窓から海が見える絶景レストラン。
お腹が空きすぎた日に入ったので、例のごとく花より団子で状態でその絶景を撮り忘れてます🤣
注文した料理はしっかり撮ってる。(笑)

地魚・鴨川産野菜フライ定食 1000円

道の駅鴨川オーシャンパーク

付け合わせは、千葉県の郷土料理いわしのごま漬け
フライもいろんな種類があるので、小さく色々食べたい女性にもおすすめ😚

磯ラーメンとミニ漬けマグロ丼 1100円

道の駅鴨川オーシャンパーク

ミニ丼といっても結構しっかり量があります。
こちらは麺類もご飯も、ガッツリ食べたい男性にもおすすめ😚
ラーメンはさっぱり醤油味ですが、あおさで磯の香りふんわり。

海辺の旅でたまに困るのは、せっかくなのでお刺身とか鮮魚を食べたい❗️
でもラーメンや揚げ物などガッツリした物が食べたい‼️って時。
これなら海の幸も味わいつつガッツリスタミナメニューを楽しめます。

でもね、こんな形の建物でサザエアピールしてるのに、共食いになるからか?鴨川特産のサザエ料理はメニュー表に見当たりませんでした。(笑)

物産館

サザエの底(一階)は直売所。
房総半島土産のお菓子やグッズ、そして海の物もありますがトコロテンやアオサ・ひじきなどの海藻類と、さんがや干物などの加工品が目立ちます。

道の駅鴨川オーシャンパーク

一階のドアから外に出ると芝生広場があり、ここでイベントを開催するみたいです。
無料足湯もあり、鴨川温泉に入れますよ〜。♨️

道の駅鴨川オーシャンパークの詳細

思い入れがあると言っていた割に、過去に行きすぎたため最近はあまり写真も撮っておらず内容が薄めになってしまいました😅
過去の写真が見つかるか、また今度訪問した時に新しく写真を撮ったら情報追記します📸

道の駅スタンプ鴨川オーシャンパーク
道の駅記念きっぷ鴨川オーシャンパーク

千葉県鴨川市江見太夫崎22
04-7096-1911
営業時間:9:00〜18:00
レストラン:9:00~17:00
駐車場:大型5台 普通87台 身障者用2台

【近くの道の駅】
和田浦WA・O! 6.1km
ふれあいパークきみつ 37.6km
道の駅鴨川オーシャンパーク公式サイト

ドライブの後半、夕暮れに立ち寄る事が多いのですが人も少なく、波の音とヤシの木と夕焼けがすっごくいい雰囲気でとても癒されます。😌

道の駅鴨川オーシャンパーク

道の駅鴨川オーシャンパーク、結構なおてまえでした★

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


なつめいちご
  • なつめいちご
  • 姓は棗(なつめ)名は一期(いちご)。
    ななつの目研ぎ澄ませ(①視覚②聴覚③嗅覚④味覚⑤触覚⑥感覚⑦閃き)で、
    一期一会を楽しみながら、旅を楽しんでいます。
    なんでもない日常や失敗もすべてネタと思いがち。
    人生楽しんだもん勝ち!

広告