塩原もの語り館@栃木【ロゲットカードNo.57&とて焼き】

261

塩原温泉には以前おおるりグループのホテルが3つあり、よく行く温泉地のひとつでした。
実は私、塩原のファンクラブ(エールなすしおばら)に入会するほどしおばラブ❤️
とて焼き灯篭祭りコスプレイヤーのバスツアーなど常に町おこしの為に色々な事に挑戦する塩原は好印象なのですが、残念ながら温泉街を歩いていてもシャッターが多く、開いてるお店はポツリポツリ。
観光客も年配層が多いのでゆっくりと温泉♨️楽しむ場所としては癒されるのですが…草津や伊香保の様な観光客向けのお店が少ないのが寂しいところ。🥲
今回はそんな塩原温泉の中でも、若者も楽しめ映える?観光情報を2つご紹介します。
塩原温泉郷の観光スポット(映え編)のおてなみ拝見!

マニア集まれ!塩原もの語り館

ホテルおおるりの館内にも観光MAPがありますが、歴史や橋などの景観スポットが多い。

おおるり塩原温泉2021

そんな中、ホテルや旅館がある温泉街の中央あたりに、塩原温泉周辺の情報収集やお土産が買える建物があります。
塩原もの語り館

塩原もの語り館

店頭では高原やさいとて焼きを販売しています。
(※とて焼きについては、後でもご紹介します。)
本来は1,200年の塩原温泉の歴史の「今」と「昔」を学べる施設なのですが、実はあるマニアが集う場所でもあります。
どんなマニアが集まるのかな?🤔

ロゲットカード&マンホールカードを貰える

館内にはお土産売り場や情報案内カウンターやカフェがありますが、まずはロゲッター&マンホーラーは売店へ❗️
ロゲットカードマンホールカードが貰えます🎴😊
⚠️マンホールカードは無料ですが、ロゲットカードは塩原温泉内の旅館、飲食店での利用当日の領収書(レシート)が必要。
おおるり宿泊の領収書を渡して頂きました😊
写真はもの語り館の前を流れる箒川に架かる紅の吊り橋。

ロゲットカード塩原温泉

紅葉の季節🍁だとこの辺り紅葉が観れかなりの映えスポットになるみたいです❗️
(例年11月10日頃が見頃とのこと)
残念ながら私は紅葉に御縁がなく…これまでも赤く染まる山という物を見たことがありません💧

ロゲットカード塩原温泉

さらにご縁がないのが、本来ここでマンホールカードも頂きたかったのですが運が悪くこの日は配布しておらず貰えませんでした💦
実はこれまでもコロナ禍以前から、“準備中”とか“休止中”とか諸々の理由で4回ほど振られてます😂
こうも続くとご縁がないってこういうことか〜と思いますがめげずにまたリベンジします💦

マンホール塩原もの語り館

仕方がないので模型や原物蓋を見て我慢。
原物蓋はもの語り館がある塩原街道沿いの塩原温泉交流広場にあります。🕳🐇💨
キティちゃんみるひぃで、色味も可愛い❤️
映えてるカラフルマンホール😆

マンホール塩原温泉

和コスプレ撮影にピッタリ

もの語り館は天然温泉の足湯(無料)や資料展示室(入館料大人300円)など、一見温泉&歴史好きの為の渋い施設に見えますが、明治・大正レトロな館内や箒川ではコスプレイヤーが写真撮影をしている姿を見かけます。

塩原もの語り館

以前街の企画でコスプレイベント旅行を実施しており、コスプレイヤーがもの語り館周辺や温泉街に溢れている時がありました。
たまたま居合わせた全く関係のない私(私服)でしたが、道で地元の方に「コスプレイベントの方ですよね?😆」と話しかけられた思い出があります。💦
その方には一体私が何のキャラに見えたのか未だに気になります🤣
何はともあれ、館内はこんな感じ。

塩原もの語り館

人気のアニメ「鬼滅の刃」は大正時代が設定と聞いたけど、もの語り館の雰囲気は洋のテイストが強い気がするのでちょっと違うのかな?
でもいい雰囲気なので、確かに明治や大正をテーマにしたコスプレ写真映えします。📸
特にスロープやランプが素敵でした。

塩原もの語り館
広告

塩原スイーツ「とて焼き」食べ比べ

歩いているとあちこちの店で見かけるとて焼きの文字。
初めて食べたのはホテルおおるり正面玄関入口横にあった、美由堂さんのとて焼きでした。
その時はまだ始めたばかりでお店ももう少し少なかった気がしますが、食べ歩きマップやスタンプラリーができるほど参加店も増えていました😋

塩原温泉とて焼き

塩原温泉の組合の若旦那達が町おこしの為に企画したそうですが、もう10年近く続いています。
全13とて制覇すると認定証が貰えるらしい。
でも有効期限は半年(日付記載ないけど)…とて焼きってボリューミーなので、そうそうハシゴはできません💦
観光客には他の食事を抜かないとコンプリートは難しいかもしれません😅

塩原温泉とて焼き

ちなみに、とて焼きとは…

昔、トテ馬車に使われていたラッパ型のクラクションを模った食べ物で、 外見はクレープのようですが、クレープとは違い、カステラに近い生地でできています。
生地には、那須塩原市産の牛乳と卵を使い、中の具はお店によってことなります。
塩原温泉街を散策しながら食べられるワンハンドフードです。

http://www.siobara.or.jp/toteyaki.htm

説明にあるトテ馬車って何⁉️という方は…
以前のブログで体験した様子を載せてるので、気になる方はよかったらご覧ください📝
また、こちらもその時の記事に載せた美由堂アイスとて焼き

塩原ホテルおおるり

バニラアイスや小豆とコーヒーゼリー。
甘くてヒンヤリさっぱりで、夏にぴったり。
この時お店の大旦那さんから「組合の若旦那達が集まって企画した町おこしスイーツなんですよ〜😊」と教えてくれました。
どんどん進化して期間限定のトテ焼きを販売したり、来るたびに進化するトテ焼き❣️😋
こちらは、もの語り館の外売店のとて焼き。

塩原もの語り館

こちらはほぼソフトクリーム🍦
栃木といえば❗️のいちご🍓
その上にカラフルな宝石ゼリーが散りばめられています。
最後に、栄太楼の期間限定いちごみるくとて

塩原温泉とて焼き

こちらはフルーツやチョコに生クリームと、クレープに近いとて焼きでした。
見た目もグレープ同様にカラフルで映えますが、グレープよりも厚めのふかッとした生地なのでかなりお腹に溜まります。
グレープ同様、甘い物以外に鶏やチーズなどご飯的な物もあり、中でも珍しいのがラーメンとて焼き寿司とて焼き…かなり攻めたメニューもあります💦
まだ怖くて挑戦できていませんが、寿司とて焼きは初期からあり続いているので美味しいのかな⁉️🤔
想像がつきません…いつかね、いつか…😅

ちなみに、塩原温泉にはもう一つご当地グルメがあります。
こちらは塩原に宿泊して昼食で食べに行った事がある方も多いかもしれませんが、2大有名店があるので次回紹介したいと思います。😋
2021/12/16 塩原グルメ スープ入り焼きそばの記事をアップしました。

塩原もの語り館&とて焼きの詳細

塩原もの語り館
栃木県那須塩原市塩原747
0287-32-4000
年中無休
売店:8:30~17:00
カフェレストラン:10:30~16:30(L.O16:00)
直売所:4月中旬~11月末 8:00~16:00
入館料:大人300円 那須塩原市民の方は無料❗️
65歳以上/小学生/障がい者手帳をお持ちの方 200園
公式サイト

とて焼き
営業時間や価格は、塩原温泉郷公式サイト内の各種店舗情報をご参照ください。
※今みたら美由堂さんが抜けており、パンフレットの掲載店舗が少し減っていました😭
これからまた増えることを願っています💦

ちなみに、映えって言葉はもう古いらしい。。。
流行り言葉や略称って何年進化するので面白いですよね。
塩原も年々いろんな事にチャレンジして町おこしを頑張っています。
変わっていく今後も楽しみにしつつ、また素敵な温泉に入りに行こうと思います。

塩原温泉の観光スポット(映え編)、結構なおてまえでした★

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


なつめいちご
  • なつめいちご
  • 姓は棗(なつめ)名は一期(いちご)。
    ななつの目研ぎ澄ませ(①視覚②聴覚③嗅覚④味覚⑤触覚⑥感覚⑦閃き)で、
    一期一会を楽しみながら、旅を楽しんでいます。
    なんでもない日常や失敗もすべてネタと思いがち。
    人生楽しんだもん勝ち!

広告