西武秩父駅「祭の湯」@埼玉【秩父漫遊きっぷでお得旅】

356

このところ秩父ネタが多いけれど、回し者ではありません🤣
つい最近お得なきっぷの存在を知り“是非広めたい!”と思っていたのですが…亀更新のためブログを書く前にまん防で販売休止になってしまい大変悔やんでいます。😭
今回のブログは、今後そのお得なきっぷが復活した時のため、そして電車で秩父旅を検討している方向けの内容になります。
いざ、秩父漫遊きっぷ西武秩父駅祭りの湯のおてなみ拝見!

秩父漫遊きっぷは本当にお得?

まず、つい最近知ったお得な秩父漫遊きっぷについて紹介したいと思います。

秩父漫遊きっぷ
秩父漫遊きっぷとは

西武線発駅から西武秩父駅までの往復乗車券と、西武秩父駅前温泉 祭の湯、バス、レンタカーの中から選んで(6つの中から1つ)ご利用できる「漫遊マル得クーポン」がセットになったきっぷです。秩父漫遊きっぷのご提示で、秩父エリアの協賛施設・協賛店が割引料金でご利用できます。
西武鉄道公式サイトより

例えば、西武池袋線なら始発の池袋から大人2230円で
①池袋⇄西武秩父の往復(1580円分)※途中下車不可
②高麗~西武秩父駅間は二日間乗り放題
③以下いずれかのサービス
 ・祭りの湯入館券(990〜1100円分)
 ・祭りの湯フードコート(950円分)
 ・祭りの湯物販(950円分)
 ・西武観光バスフリーパス2日間(1日券1000円)
 ・三峯神社行き急行バスの片道乗車(950円分)
 ・西武秩父駅からのレンタカー割引
これらのサービスを受けられます。
思いっきり高麗~西武秩父駅間を行き来するとか、西武観光バスを利用しまくるならお得かもしれませんが…正直少しお得程度❓🤔

しかし、そんな秩父漫遊きっぷが2021年10月8日から秩父市の協力を受け発売金額を値下げ。
秩父市応援 秩父漫遊きっぷ」として期間限定で発売していたのです。
内容そのままで、同じ池袋からで1590円‼️😳
たまたま私が知った時はこの期間内だったので、池袋からの往復代で温泉も一部区間の途中下車もタダ同然だったのです😆
この特別きっぷが復活するのかどうかは不明ですが、元々は3月10日までの販売予定だったので、もし今月コロナが落ち着いたら復活するかもしれませんね。
(感染者数見ると厳しいかもしれませんが…😅)

これまであまりお得なきっぷに注目していなかったのですが調べると各地にあるので、電車やバスでのマンホーラー活動など途中下車が多い旅ではかなり活用できそうです。

広告

2017年4月に生まれ変わった西武秩父駅

秩父観光では、秩父鉄道の秩父駅西武線の西武秩父駅を拠点に巡ることが多いかと思います。
(両駅は徒歩15分程と少し離れているが、西武秩父駅から500m程の場所に秩父鉄道の「御花畑駅」がある。)
今回は、池袋から直通で秩父漫遊きっぷが使える西武秩父駅の方を紹介をしたいと思います。

旧秩父駅2015年
2015年撮影

想像よりも大きな駅で特急も停車します。
駅前には大きなロータリーがあり、バスやタクシー、宿の送迎車が待機。
ロータリーから眺める駅の様子は昔から変わっていませんが、実は駅左側の建物が2017年以降だいぶ変わりました❣️

西武秩父駅
2022年撮影

外から見るだけでは一見変わらない?
まずは昔の中の様子から…

2017年4月以前(旧)秩父仲見世通り

以前は秩父仲見世通りという名前で、アーケード商店街風でした。

旧秩父駅2015年

いくつかのお土産屋さんや飲食店。
そしてフードコートとベンチがありますが、屋根付きとはいえ外なので冬は風が吹きかなり寒い🥶
パンフレットコーナーもガラガラ。

旧秩父駅2015年

印象に残っていたのは、秩父名物のわらじかつ丼のお店。

旧秩父駅2015年

そしてこちらの秩父そばのお店。
この時は蕎麦の気分だったので、こちらの武蔵屋に入りました。

旧秩父駅2015年

秩父そばはコシが強めで私好み❣️
くるみの風味が美味しいつけ汁でいただきました。
こんにゃくも名物みたいなので、そばこんにゃく460円(当時価格)と瓶ビール🍺もいただきま〜す😋

旧秩父駅2015年

当時飲食店で目立ったのはこの2店舗くらいでした。
田舎の観光地的な素朴な良さはあったけど、全体的に建物も雰囲気も暗い印象だった記憶です。

広告

2017年4月以降(新)祭りの湯

そんな静かな秩父仲見世通りが、完全室内の祭りの湯という施設に生まれ変わりました‼️

西武秩父駅祭りの湯

今はこんな感じで、ずーっと繋がった建物になっています。

西武秩父駅祭りの湯

入口はいくつかありますが、まず1番出入りが多いのは駅の改札を出てすぐ左手の入口。
秩父夜祭を連想させる賑やかで華やかな赤い提灯が並びます。
人の出入りも客層も以前とは比べ物にならない!
入ってすぐのお土産売り場には観光客が溢れている。
ちちぶみやげ市(物販エリア)

西武秩父駅祭りの湯

売っている商品も、カラフルで見た目も可愛い❣️

西武秩父駅祭りの湯

和柄の商品が多くてテンション上がります🥰
ここが昔はアーケードだった場所なんだな〜。(しみじみ)
当時のお店をやっていた方達はどこに行ったのでしょうか。
この中で今も元気にお店をやっていたら…良いな。😣

藤田屋の煮込みこんにゃく

さらに進み、お土産売り場の奥は飲食店フロア
名物煮込みこんにゃく

西武秩父駅祭りの湯

昔この通りでこんにゃくを食べていたことなどすっかり忘れ、また食べてる😋
前回ブログの三十槌の氷柱の時も食べてるし…秩父に来るとは毎回こんにゃく食べてる気がする😅
でも毎回違うこんにゃく。
今回はじっくり煮込んでお出汁しみしみのこんにゃくです❣️
こちらの藤田屋さんの煮込みこんにゃくは「小330円 大550円」ですが、小を注文して…びっくり😳
てんこ盛りのこんにゃく‼️

西武秩父駅祭りの湯

お鍋から熱々のこんにゃくを、これでもかってくらい乗せてくれる😆
持ち帰りか今食べるか聞いてくれたので、持ち帰りの場合はこぼれない様に上手くパックしてくれるのかもしれません。
私は七味をたっぷりのせてすぐ頂きました😋

西武秩父駅祭りの湯

形も色も違うけど、味も全然違う❗️
出汁がよく染みていて噛むとじゅわ〜😋
山方面の観光地ではよく玉こんにゃくを販売しており大体3つで100円だけど、こちらは350円で20個くらい入ってる‼️
これ…こんにゃくダイエット中の人の2食分くらいあるよ🤣
もし大を頼んだら…どうなってしまうのでしょう💦
家の鍋に移し替えれば、一家の夕食おでん位のボリュームありそう💦
今度来た時には大の持ち帰りにしてみようかな?😏

こんにゃく以外にもお酒屋さんやジェラート屋さん、そしてサービスエリアの様なフードコートと、グルメ関係がとても充実してきます。
ここまでは温泉施設とは別で入館料発生せず、誰でも自由に利用できるし駅も近いので観光客には嬉しい。

西武秩父駅祭りの湯

公式サイトの食事案内を見たところ、わらじかつ丼や秩父そばなど昔仲見世通りにあった秩父グルメもしっかり揃っていました。

広告

祭りの湯利用がタダ同然に?!

冒頭で紹介した秩父漫遊きっぷの特典ですが、お土産売り場でも飲食店でも950円分として使えますが、私はこちらで利用しました。
1番奥にある温泉施設、祭りの湯

西武秩父駅祭りの湯

ここから先は入場料が発生しますが、なんとも神々しいお社の様な入口⛩😅
温泉むすめの秩父美祭ちゃんがお出迎え。
👱🏻‍♀️「♨️入らな損ソン〜♪」

西武秩父駅祭りの湯

祭りの湯は、いわゆる今時のスーパー銭湯で綺麗で過ごしやすいけど人の出入りも多く賑やかな入浴施設。
入館料はこちら。

平日休日
入館のみ990円1100円
タオルセット1220円1330円
館内着セット1360円1470円
大人料金(2022年2月時点)

ここで今回の秩父漫遊きっぷクーポンの出番!
フロントでクーポンを見せると入館無料。
さらに100円追加でタオルセットつけてくれました❣️
つまり休日のタオルセット利用だと最大のお得で、
1330円→100円になっちゃいました❗️😳
秩父市応援 秩父漫遊きっぷ」最高⤴️

館内の食事処や販売機は全てフロントで受け取るバーコードで会計。
出る時にまとめて精算。
休憩のリクライニングチェア、岩盤浴もありとても充実していました。
スーパー銭湯なので、いつもの温泉の様にのんびり貸切にはならなかったけど、この日は別府の湯の日で硫黄の香りと露天風呂で癒されました。

西武秩父駅祭りの湯

お土産エリアを通らない、温泉直の出入口からは駅前の広場に出れます。

西武秩父駅祭りの湯

12月中旬〜2月いっぱいまでは、駅前にある30mのジャンボツリーが光っています。
日の沈みかけで向こうは明るい…空が絵みたいな色の写真になりました😆
星空ツリーとちちぶの竹あかり

西武秩父駅祭りの湯

点灯時間は17:30から。(2/16〜は17:45から)

西武秩父駅前温泉 祭の湯の詳細

埼玉県秩父市野坂町1-16-15
0494-22-7111
🚃西武秩父線 「西武秩父」駅前
🚃秩父鉄道「御花畑駅」徒歩5分
🚗関越自動車道花園I.C.から国道140号線で31km(平常時45分)
🚗飯能から国道299号線で39km(平常時55分)
駐車場:温泉目の前終日=100円/30分
 ※温泉利用か店舗1000円以上利用で2時間無料
 ※その他提携駐車場あり

⏰営業時間
祭りの湯:10:00~22:00(最終受付 21:30)
土休日朝風呂:6:00~9:00(最終受付 8:30)
館内レストラン:11:00~21:30(L.O 21:00)
フードコート:11:00~19:30
ちちぶみやげ市:10:00~19:30
公式サイト

祭りの湯の公式サイト内にも秩父漫遊きっぷの紹介リンクがあるので、ご参照ください。
帰りの電車は飯能までの間はガラガラでした。
都内じゃこれから飲みに行くって時間なのに深夜みたい😅

西武秩父線

最近ブログで秩父について書いていたら、たまに秩父の議員さんがイイネをくれます。
是非、またこのお得な秩父市応援のお得きっぷの販売を復活して欲しい…頑張ってくださーい❗️🙇‍♀️

秩父の盛り上げに一役も二役もかっている、西武鉄道と駅前の祭りの湯、結構なおてまえでした★

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


なつめいちご
  • なつめいちご
  • 姓は棗(なつめ)名は一期(いちご)。
    ななつの目研ぎ澄ませ(①視覚②聴覚③嗅覚④味覚⑤触覚⑥感覚⑦閃き)で、
    一期一会を楽しみながら、旅を楽しんでいます。
    なんでもない日常や失敗もすべてネタと思いがち。
    人生楽しんだもん勝ち!

広告