道の駅オアシスなんもく@群馬24【山と川のめぐみ】

136

群馬の道の駅も制覇まで残り数駅、ラストスパート!
最後の未開のエリアは上越自動車から南側(群馬県南西部、埼玉より)のあたりです。
長野旅の帰り道、このまま一気に周ります。
小諸から30分ほど走った所に、今はやっていないドライブインを発見。
ドライブイン軽井沢

ドライブイン

求む!買主
3886坪もあります。
ドライブイン経営に興味がある方は是非、株式会社アルファ軽井沢へお電話☎️
小諸〜軽井沢、そして人の気配がしない田舎道をさらに1時間走りやっと見つけたと思ったら旅の駅下仁田こんにゃく観光センター
いつのまにか長野県から群馬県に入っていました。

旅の駅

この下仁田こんにゃく観光センターから15分ほどで、この日最初の道の駅オアシスなんもくに到着です。
いざ、おてなみ拝見!

アウトドア風な道の駅

道の駅オアシスなんもく

着いたら大きな木の看板が目に入りますが、辺りは静か。
外に自販機やテーブルなどの休憩スペースがあり、まるでキャンプ場のBBQの水場の様な雰囲気。

道の駅オアシスなんもく

館内に入る前にこのトイレの通路の奥に抜けてみした。
階段があり、下には川が流れています。
南牧川といい、南牧村公式サイトでも川遊びスポットとして紹介されています。

道の駅オアシスなんもく

川もあるし、もしかして本当にBBQできるのでは?と思ったのは私だけではないらしく…
オアシスなんもくで検索すると、バーベキューというワードがサジェストで上がってきます。
ただバーベキューはここではなくなんもく村自然公園という所でできるらしいです。
こちらの道の駅では飲食は食事処のみです。

道の駅オアシスなんもく

お食事:10:30〜14:30
スナック系:9:30〜16:30

道の駅オアシスなんもく

お食事処は直売所とは別の建物で川沿いにあります。

自然のめぐみ、満載!

直売所の中に入りました。中はこぢんまり。
かあちゃん本舗という暖簾が掛かっており、その前にお惣菜が売ってます。
卯の花200円、コロッケ200円、焼きそば200円。
焼きそば安すぎない⁉️

道の駅オアシスなんもく

青果も少量ですが、180円でたっぷり入った青柚子など安い!

道の駅オアシスなんもく

馬鈴薯ポスターの下にはドクダミ茶300円。

道の駅オアシスなんもく

松ぼっくり300円、ムクロジ1000円

道の駅オアシスなんもく

全体的に安い‼️
その中でも1000円とお高めなムクロジとは、別名:自然の洗浄剤ウォッシュナッツ
以前、偶然立ち寄ったお寺でお裾分けしてもらった事がありますが、売り物として見るのは初めてです。

ムクロジはとても不思議な木の実で、水につけて擦ると泡立つので昔の人はムクロジを洗剤の代わりに使っていたらしい。

ムクロジ

そして、中には真っ黒な硬い実がありますがこれに穴を開けて糸を通せば数珠が作れることからも、お釈迦様の贈り物とも言われます。
綺麗な艶消しの黒玉⚫️

ムクロジ

貰った3個じゃ足りない😅
本気で数珠を作りたかったら、ここで材料買えますね。

手作り感、満載!

全体を見渡すと、食べ物以外のものが多く売っている感じがします。
ドライフラワーの詰め合わせBOXとか。

道の駅オアシスなんもく

この辺りでは普通に転がっていそうな松ぼっくりも、他の木の実と合わせてリボンを付ければお洒落なギフトに。

道の駅オアシスなんもく

そしてこちらもハンドメイド?セルフラベル印刷
生産者さんが農作物を持ってきて、自らここでラベルを作って貼るんですね。

道の駅オアシスなんもく

私もこっそり自作のビーズアクセサリー売っちゃおうかな。(勝手に販売、ダメ、絶対!🙅‍♀️)

道の駅オアシスなんもくの詳細

道の駅スタンプオアシスなんもく

南牧村は高齢化率日本一の自治体
スタンプは美味しいパンやお惣菜を作ってくれそうな、かあちゃんのイラストでした。
どうやら自慢の逸品はパンらしいのですが、売り場で気がつきませんでした😅(ついた時間も昼過ぎだし人気で売り切れてたのかも。)
こちらでは記念きっぷは通常のと、非売品の特別記念きっぷをゲット‼️
裏面で紹介されてる村の喫茶店もくもく気になりますね。

群馬県甘楽郡南牧村大字千原3-1
0274-87-3350
営業時間:9:00〜17:00
駐車場:大型2台 普通47台 身障者用1台

【近くの道の駅】
しもにた 8.9km

道の駅オアシスなんもく、結構なおてまえでした★

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


なつめいちご
  • なつめいちご
  • 姓は棗(なつめ)名は一期(いちご)。
    七つの目(①視覚②聴覚③嗅覚④味覚⑤触覚⑥感覚⑦閃き)で、
    一期一会を楽しみながら、旅を楽しんでいます。
    なんでもない日常や失敗もすべてネタと思いがち。
    人生楽しんだもん勝ち!