マンホールカード&グルメ@東京【①千住街の駅②牛骨らぁ麺マタドール】

128

マンホールカードカード集めをしていると、同じ場所に再び訪れる事があります。
例えば、先日ブログに書いた所沢市上下水道局の様に、配布しているカードが変わるパターン。
そして今回は北千住へ、以前と違うカードを貰いに再訪してきました。
さらにブログにコメント(情報)をいただいたラーメン屋さんにも行ってきました🍜😋
千住街の駅、再び拝見❣️
らぁ麺マタドールの、おてなみ拝見❣️

千住街の駅「足立区W001」

千住街の駅は北千住駅から徒歩5分、商店街の中にあります。
施設の外観や詳細については…こちらの前回ブログをご参照ください🙇‍♀️(手抜き感…😅)
ちょうど半年前位に記事を書いてますが、首都圏JR駅の新旧スタンプにはまだ手をつけていません。
この後また全然別の趣味が始まり、新旧スタンプまで気持ちが向いてない状態。
まぁ…ご縁がある時はあるし、多分私にとっては今じゃないということ。

マンホールカード千住街の駅

で、今回いただいたカードはこちらのはじめの一歩です。
名前はチラッと聞いたことがありますが、昔のボクシング漫画というとやっぱりあしたのジョーのイメージの方が強い💦
作者の方が足立区出身らしいのですが、お名前が森川ジョージさん。
ややこしい🤣

広告

あだちのデザインマンホール

今回いたスタッフさんはお爺ちゃまで、「良かったら観光してね〜」と言いこちらのパンフレットをくれました。

足立区デザインマンホール

竹ノ塚のマンホール、めちゃくちゃオシャレじゃないですか?(好み😍)
姉妹都市のベルモント市が何処なのかわからないけど…マンホールかっこいい〜❣️

シティ・オブ・ベルモント

ベルモント市は、西オーストラリア州の首都パースの東部郊外にある地方自治体の地域。
また、足立区にはベルモント公園があります。

ビュー坊とはじめの一歩のマンホールも沢山。
こちらのパンフレットよく見ると、マンホールに関する豆知識が散りばめられています。
今更ながら、マンホールの語源が「man(人)+hole(穴)」で「人が入るための穴」という事を知る。
「円形なのは蓋が穴に落ちない為」…というのは、よく色んな場所でクイズに出されているので知っていたよ☝🏻😊

足立区デザインマンホール

お休み処千住街の駅
東京都足立区千住3-69
080-6630-8037
営業時間:9:00~17:00 (1/1~1/3 10:00~16:00)
お休み:火曜定休 ※火曜日が祝日の場合は開館 
※年末12/29~12/31は閉館(年始1/1~1/3は開館)
アクセス:北千住駅西口から徒歩5分
公式サイト

電大通りの蓋を見てきました!

千住街の駅がある西口とは反対側、東口出てすぐの電大通りにカードになっている2つのマンホール蓋があります。
前来た時は蓋そのものにはあまり興味がなかったのでスルーしていましたが、今回はしっかり観てきました。
一歩さんvs千堂さん

北千住マンホール

突然ですが、せんどうって名前のアニメキャラってクールなかっこいいキャラ多くないですか?🤔(しかも主人公ではないキャラ)
私は大抵主人公よりも、サブのカリスマクールキャラ(目つき悪め、治安悪めキャラ😈)が好きなのですが、はじめの一歩を知らないので千堂で調べてみたらいきなりサジェストで「千堂 死ぬ」の文字…😂
活躍を見るにお別れ…初めましてでさようなら(ちーん💧)

もう一つ、すぐ近くにはビュー坊の蓋もありました。

北千住マンホール

これぞゆるキャラ❗️という感じの姿が癒されるね☺️

広告

みそ味専門マタドール(特別営業中)

以前ブログのコメントで教えてもらったオススメのお店でお昼を食べようと思い、みそ味専門マタドール🍜へ。

北千住駅東口から伸びる学園通りは飲食店が多く、お昼時は人も沢山で賑やか。
そしてラーメン屋さんが多い‼️
そんな学園通りから、少し外れた脇道にお店はありました。
黄色く目立つ看板。

マタドール

しかし、この日は特別営業中とのことで期間限定の「宮城県石巻市十三浜産最高級新ワカメ」使用のワカメ鯖味噌つけ麺のみの販売。

マタドール

東日本大震災の風評被害でダメージを受けた生産者さん達を応援する素晴らしいメニュー。
なのですが…どうしてもワカメラーメンの気分ではなかったため…今回はごめんなさい🙇‍♀️
初めてはレギュラーの味噌ラーメンを食べてみたかったので、またの機会に。。。

仕方ないので他のお店に行こうと思いつつも、もう口がラーメン🍜😗になっている。
それも、普通のラーメンじゃなくて変わったラーメンが食べたい、肉食べたい。😋
悩んだ結果、同じ北千住にある姉妹店の牛骨ラーメンに行くことにしました。

牛骨らぁ麺マタドール:店内

同じく東口ですが、線路沿いに少し南下。
住宅地の中に今度は真っ赤な看板を発見👀
牛骨らぁ麺マタドール

牛骨らぁ麺マタドール

こちらも有名らしく、外まで人が並んでいます。

牛骨らぁ麺マタドール

入口すぐにはアルコール消毒と券売機が設置。
そして壁には沢山のサイン色紙が飾られている。

牛骨らぁ麺マタドール

ラーメンは醤油・塩・つけ麺・油そばの4種類。
それぞれ味玉や焼き牛(ローストビーフ)入りが選べ、他にも卵かけご飯(250円)や牛すじご飯(350円)もあり。

牛骨らぁ麺マタドール

全体的に千葉の食材を使用している様子です。

券売機の裏は、水やおしぼりや紙エプロンのセルフコーナー。
カウンターのみで7席ほどの小さな店内では、
食で食べ終わったら次を待ってる人のためにもすぐに出る、暗黙のマナー

牛骨らぁ麺マタドール

カウンターも一席ごとにアクリル板で区切られていて、コロナ感染対策も徹底❗️

牛骨らぁ麺マタドール

寸胴鍋からの熱気と大将の黙々とラーメンを作る熱気が伝わってくる…😶(ゴクリ…)
そして6分後。
早くも私が頼んだラーメンが着丼🍜

広告

贅沢焼き牛つけ麺1050円

今回私が頼んだラーメン、それは全盛りの贅沢焼き牛つけ麺です。

牛骨らぁ麺マタドール

うわぁ〜い❣️これは美味しそう😋

〜まずは
中に黒いツブツブ、全粒粉入りの麺は麺細くてツルツルしながりも弾力があります。

牛骨らぁ麺マタドール

〜次にスープ
普段は辛味噌や豚骨醤油のつけ麺などを好み、醤油のつけ麺は苦手だったのですが…
こちらただの醤油ではなく、千葉の醤油牛骨スープの脂がうまく混ざっています❣️

牛骨らぁ麺マタドール

最初の一口目、よい脂と濃いめの味がする。
食べ続けると少し酸味を感じ、麺もスープもさっぱりしていてすぐにペロリです😋

〜最後にの紹介〜
焼き牛(ローストビーフ)3枚味玉海苔3枚

牛骨らぁ麺マタドール

具というよりおかず⁉️
しっかり食べ応えのある大きく分厚い焼き牛。
さらにスープの底にも細かい肉くずがゴロゴロ。

牛骨らぁ麺マタドール

さらに珍しいタケノコの千切り

牛骨らぁ麺マタドール

メンマよりも食感が強くサッパリとしています。
本当…ペロリとすぐに食べ終わっちゃいました😳
スープ割りを頼むと、カップにネギを入れて出てきます。
そのカップにつけ汁を入れて好きな濃さにする、逆スープ割り⁉️😳

牛骨らぁ麺マタドール

何から何まで珍しい、牛骨の旨味たっぷりの豪華ラーメンでした。

牛骨らぁ麺マタドールの詳細

とっても美味しかったのですが、“ラーメンで1000円超”ということと、やはりローストビーフメインで麺のボリュームのなさ感が否めない。
私の中でラーメン=格安でお腹いっぱいになる美味しい大衆食なので、その観点からうと
「ラーメン食べたい、マタドールに行こう!✊🏻😋」
というよりかは、ローストビーフを食べに行こうという気持ちの方が強そう。
ただ、他メニューで三種葱増醤油らぁ麺と不定期限定の台湾ラーメンが気にななるので、もしまた新たなマンホールカード配布などで機会があればそちらも挑戦してみたいと思います。

牛骨らぁ麺マタドール
東京都足立区千住東2-4-17 中村ビル1F
03-3888-3443
平日:11:30〜14:30、18:00〜21:00
休祝日:11:30〜16:00
月曜定休
北千住駅徒歩5分 京成関屋駅徒歩10分
駐車場無し、電子決済不可
公式サイト

①千住街の駅②牛骨らぁ麺マタドール、結構なおてまえでした★

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


なつめいちご
  • なつめいちご
  • 姓は棗(なつめ)名は一期(いちご)。
    ななつの目研ぎ澄ませ(①視覚②聴覚③嗅覚④味覚⑤触覚⑥感覚⑦閃き)で、
    一期一会を楽しみながら、旅を楽しんでいます。
    なんでもない日常や失敗もすべてネタと思いがち。
    人生楽しんだもん勝ち!

広告