ふるさと両神&橋カード黒海土橋@埼玉秩父【コンニャク食べ放題】

625

西武秩父駅から合角ダムに向かう途中に「黒海土入口」というバス停がある。
このバス停近くの黒海土橋は橋カードになっており、道の駅両神温泉で撮影した橋の写真を見せると貰えます。

そして今回の宿は道の駅も近い両神荘
合角ダムから両神荘への移動は、小鹿野でバス乗り換えが一番スムーズですが、橋撮影のため少し寄り道散策🐾
その途中に見つけたのは、コンニャク学校⁉️
コスパ最強の食べ放題に挑戦❣️
いざ、橋カード黒海土橋&ふるさと両神みそおでん食べ放題のおてなみ拝見。

広告

黒海土橋(くろかいどばし)

合角ダムがある女形入口からバスで10分ほど。
山に囲まれたこの土地には違和感のある名前、黒海土。
バス停を降りて3分ほど歩くと赤平川という川があり、そこにかかっているのが黒海土橋です。

黒海土橋

川は赤くて❓

赤平川

海と土は黒い❓

黒海土橋

まるで酸化の様なイメージを沸かせる名前。
ちなみに川と土は赤くも黒くもなく、雪が残った白でした。😳(1月末頃)

赤平川

しかし、残念ながら名前の由来はいくら調べてもわからず💦

わかった事と言えば、世界で一番良い土はチェルノーゼム(黒い土)という養分が豊富で作物栽培に適している土。
また、秩父周辺の地形については、大昔この辺りは海で古秩父湾があり、長い年月の中で浅い海→深い海→浅い海と変化したということくらいでした。
(最終的には隆起した土地により湾が塞がれ海がなくなる。)
一応、海との関係はちゃんとした理由がありそうな、う〜ん益々由来が気になる‼️☹️

橋カード:黒海土橋

撮った橋の写真を道の駅両神温泉で見せると、こちらのカードが頂けます。

橋カード黒海土橋

カードの写真は下から眺めた図。
やはり、橋は渡っている時よりも下から眺める方が綺麗に見えますね😊
裏面は橋データ。

橋カード黒海土橋

過去にもらった栃木や福島のカードと比べると小さめサイズで、データもシンプル。
興味がある方はらこちらの橋カードコレクションページもよかったらご覧ください😊

何はともあれ、滅多に来れない方面なので頂ける物はまとめて一気にゲットしていきます❣️(笑)

広告

小鹿野町と石灰について

そのまま黒海土橋を渡り15分ほどまっすぐ進むと、小鹿野町両神への入口が見えてきました。

両神

関東最大のダリア園まで7Km、日本一の節分草園まで5Km。
節分草って初めて聞いた名前ですが、なんでも節分のころに花が咲くためついた名前で 石灰質の土壌を好むらしい。
ちなみに、石灰質の土壌はpHが高いらしく、実は今回泊まる両神荘の温泉も高いpHの美人の湯♨️

ここで、あらたなワード「石灰」がひっかかり調べてみたところ、埼玉県秩父市と横瀬町にまたがる武甲山は石灰石を豊富に埋蔵する日本屈指の大鉱床とのこと。
また、秩父地域最古の石灰岩化石は、小鹿野町日尾から産出した約3億年前(古生代石炭紀)のサンゴの化石。
ジオパーク秩父公式サイトより

さらにさらに、石灰性暗赤色土という暗い赤色の土は山地の一部や丘陵地、石灰岩台地に分布するらしいので、もしかしたらこの辺りにもあって黒海土の名前の由来になっている…のかも❓
(⚠️根拠はない素人の憶測🤪)

ふるさと両神、コンニャク学校

それはさておき、黒海土方面から両神に入ってすぐの場所、「両神農協前」という小鹿野町営バス停の前に謎の建物がある。

両神こんにゃく村

秩父コンニャク村、サロン友縁地、みそおでん食べ放題、カツカレー
そして奥に見える、ふるさとコンニャク学校。

両神こんにゃく村

しかし、お客さんは全くいません。(年末平日)
販売店らしい建物があるので、近づいてみる。

両神こんにゃく村

ここで、合角ダムで蕎麦を食べそこね腹ヘリん子の私に吉報。
みそおでん1本…
否、食べ放題一人前200円です⁉️😳

みそおでん食べ放題

そう、秩父といえば私は毎回こんにゃくを食べているので、今回も頂こうと思います。

早速中に入ると、見事なまでのこんにゃく尽くしの店内。
こんにゃく芋も飾ってありました。

両神こんにゃく村

「5年ものです」と書かれているが、通常サイズを知らないためなんとも言えませんが、かなりの大きさです‼️😳
お土産に辛口の煮込みこんにゃく160円を買いつつ、レジで食べ放題200円を注文。

みそおでん(コンニャク)食べ放題に挑戦!

従業員のお母様達に、ここまで歩いてきたのかと驚かれながら少々雑談。
そして、こちらの厨房の鍋でぐつぐつ煮込まれている「みそおでん」を受け取る。

両神こんにゃく村

テーブルと椅子、お茶やティッシュ、そして店内には洗面台があり落ち着いて食べ放題できます。😋
しかし、このみそおでん…

みそおでん食べ放題

デカい‼️😅
スーパーで売っているこんにゃく一枚よりもかなり分厚く大きいのです。
食べてみるとかなり熱々で、こんにゃくは臭みが一切なくたっぷりとかけられた味噌田楽も美味しい。
しかし、食べ放題と言いながらこの一枚でリタイアさせる気満々ですね💦

でも、ここで負けるわけにはいかない💪🏻😠
一本食べ終わったら、串はゴミ箱に捨ててお皿だけ持って「おかわり❣️」コール。
そして2本目。

みそおでん食べ放題

今度は薄めの三角(半分サイズ)で少し手加減してくれました(笑)
正直、最初の一本目でお腹はいっぱいです🤣
でも、ここは戦場。
おかわり、3本目。

みそおでん食べ放題

実はコンニャクの種類もいくつかあり、味も食感も異なります。
何がくるかは、お母さんの気分次第。🤣
この白いタイプ、ほわっと柔らかめで好き❣️

広告

こんにゃくの食べ過ぎに注意

さて、4本目…といきたいところでしたが棗選手ここでリタイア😵‍💫🏳
ちなみに、テーブルの前にはこれまでの強者の写真が飾られていましたが、写真は2枚のみ。
勝者が一体どれくらい食べているのかというと…

こんにゃく食べ放題

じ、12本⁉️😳💦
はい、無理です。
そんなに食べたら、宿の夜ごはんが食べれなくなっちゃいます💦
敗北感は否めないが、こんにゃく2枚分と元は取れたと思うので満足。

また、こんにゃくは水に溶けない不溶性食物繊維が豊富で腹持ちが良くダイエット食としても人気ですが、食べすぎると腸に留まるので危険⚠️
食べ放題に挑戦する時は、しっかり自分のお腹と相談しながら食べましょうね。😉

持ち歩き可能な、カツカレー棒

ところで、こちらではもう一つ気になる物があったためお土産で購入。
秩父といえば、わらじカツじゃないですか?
なんと、ふるさと両神では歩いて食べれる“わらじカツ丼”と“カツカレー”があるのです‼️

今回私が選んだのは、カツカレー310円。
それがこちら⬇️

歩いて食べれるカツカレー

長さ約13センチと、うまい棒より少し大きめ。
なんとなく味の想像はしてましたが、私の想像はカレー味のカツ。
しかし食べてみると想像は大きく裏切られる。
こ、これはカツカレー丼⁉️

歩いて食べれるカツカレー

そう、カレーとご飯を豚肉で包み揚げたモノ。
しかも、ご飯の割合が多い🍚😅
私はもともと白米をあまり食べないのと、個人の好みに寄るかと思いますが、ご飯いらないかも😅
そして、ご飯のフライって初めて食べました💦
味付きご飯(ドライカレー)とかならもっと美味しいかも⁉️🤔

でもこんにゃく食べ放題といい、こういう町おこしグルメや企画を頑張ってる場所、好きです❣️

ふるさと両神の詳細

バス待ちしながら、珍しいご当地グルメを味わえました😋
こちらでは他にも、土日限定のわらじカツ丼や肉汁うどんなど、こんにゃく以外の両神グルメも販売しているとのこと。
機会があれば、ぜひこんにゃくチャレンジしてみてください❣️勝負💪🏻😠

両神こんにゃく村

ふるさと両神
埼玉県秩父郡小鹿野町両神薄1036-3
0494-79-1130
平日 8:30~16:30(土日祝は~17:00)
※こんにゃく食べ放題、揚げもの各種は9:00〜
※公式サイトでこんにゃく商品の通販あります。
公式サイト

橋カード黒海土橋&ふるさと両神のみそおでん食べ放題、結構なおてまえでした★

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


なつめいちご
  • なつめいちご
  • 姓は棗(なつめ)名は一期(いちご)。
    ななつの目(①視覚②聴覚③嗅覚④味覚⑤触覚⑥直感⑦閃き)で、
    一期一会を楽しみながら、旅を楽しむ!
    なんでもない日常や失敗も、全てが想い出、全てがネタ!
    人生楽しんだもん勝ち!